読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

お仕事いっぱい!~司法書士編~

f:id:umenomi-gakuen:20170220153759j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170220153808j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170220153815j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170220153824j:plain

***出演***

綾美(39歳・司法書士

西条(41歳・弁護士)

 

(一言)

私は静岡県内の司法書士事務所で司法書士をしています。大学卒業後に上の息子(晃平・高2)の子育て中に取得しました。今の事務所は借金問題の相談が専門ですが、相続や登記などの相談も行っています。

 

司法書士は法律の書類手続きの代行を行う仕事です。主な相談は借金問題、相続、不動産登記、交通事故示談交渉、病気や事故での補償金などです。

司法書士になるには国家試験を受けなければなりません。国家試験は年齢や学歴、国籍問わず、誰でも受験できます。倍率はかなり高いです。合格したら司法書士として登録し、司法書士事務所や法律事務所に勤務するか開業することになります。

 

司法書士としての問題は、弁護士に比べてできる仕事が限られます。

例えば過払い金の場合、弁護士ではどの金額でも交渉ができますが、司法書士では140万円以上の過払い金は交渉することができません。法律で決まっているからです。過払い金が140万円以上あった場合、地元の法律事務所を紹介することになります。

弁護士では民事・刑事訴訟の裁判の代理人などができますが、司法書士ではそれができません。弁護士と司法書士の立場が全然違うので、どうすることもできません。

 

しかし、弁護士に比べて敷居が低いのも司法書士のいいところです。弁護士会が主催する法律相談は予約をしなければならないし、しかも相談できる時間も少ないし、しかも相談料が取られます!司法書士会が主催する法律相談では相談できる時間は限られますが、相談料はかかりません。

司法書士事務所では相談料はかかりますが、法律事務所に比べて安いです(事務所にもよりますが)。

 

「町の法律家」として活動する司法書士司法書士の仕事をしたい方はまずは国家試験に挑戦してくださいね。(綾美)

 

(他のみんなからひと言)

>私は都内の法律事務所の事務員をしています。将来は司法書士を目指して、国家試験の勉強をしています。法律の知識を活かして、国家試験合格に向けてがんばりたいです。(令美・28歳・法律事務所勤務)

>ぼくの母(綾美)が子育てをしながら司法書士をしています。法律のことをすごく勉強しているので頭が下がります。将来は大学進学予定ですが、司法書士も考えてみようかな~?(晃平)

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

親しい男友達(その8)

こんにちは。純之介(23歳・メーカー勤務)です。

今週のおしゃべりカフェは「男友達」・第8弾です。

今日は同じ会社の同僚メンバーたちと一緒におしゃべりしたいと思います。

メンバーはぼく・純之介、恭平(22歳・メーカー勤務)、朝和さん(26歳・メーカー勤務)です。

 

純之介「今日は愛知のご当地グルメを紹介します。今日は鶏の手羽先です!!鶏の手羽先は愛知ではおなじみ。これをフライパンで焼きました。たれはしょうゆ味。ご飯と一緒に。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

朝和「うまいです!ボリュームがあってご飯にも合いますね~。」

恭平「うまいです!鶏肉とたれがよく合っていくつでも食べれそう。」

純之介「ありがとうございます!やっぱり、おいし~(*^。^*)」

 

~鶏の手羽先を食べ終わったところで、本題です~

純之介「今日は緑茶を飲みながらおしゃべりしたいと思います。今日のテーマは「男友達」です。今回は愛知にある「恩田技研」の本社で働くメンバーたちです。ぼくですが、営業部に所属しています。職種は営業です。」

恭平「オレは製造部に所属しています。職種は製造です。」

朝和「ぼくは自動車事業部に所属しています。職種は技術職です。」

純之介「ありがとうございます。職種はそれぞれ違いますね。では、同じ部署で仲のいい人たちはいますか?まずは恭平。」

恭平「オレは部署は違いますが、泰作と淳都(以上、22歳・メーカー勤務)ですね。同期入社なので、よく飲みに行ったりしています。」

純之介「いいね。同期で飲みに行くのって。ぼくも同期入社の人はいますが、ほとんど会っていないですね。みんな仕事が忙しいようで。」

朝和「営業や技術の部署は特にそうですね。残業も多いですし。ぼくも同期は何人かいますが、1人辞めましたね。」

純之介「何で辞めたのですか?」

朝和「他に給料のいい会社に転職したんですよ。うちは大手の会社なんだけど、給料のいい会社に魅力があったんでしょうね。」

純之介「今の会社は給料も福利厚生もいいので、定年まで辞めるつもりはないですね。せっかく厳しい就職活動を勝ち抜いたので、辞めるのはもったいないですよ。」

恭平「オレも高卒で入ったので、就職試験は結構厳しかったです。私立の工業科のある高校に通っていましたので、合格するまでは冷や冷やしました。」

朝和「大卒もそう。何十社も書類送って、試験も何十社を受けて、内定がもらえるのに苦労しましたから。」

純之介「落ちた会社もありましたからね。大学の受験よりも厳しかったよ。あと、同期以外ではいますか?仲のいい人は。」

朝和「いないね。」

純之介「ぼくは同じ部にいる先輩の輝行さん(30歳・メーカー勤務)ですね。仕事の後によく飲みに行ったりしていますよ。ちなみに輝行さんは営業部長の邦重さん(58歳・メーカー勤務)の親戚なんですよ。」

恭平「マジですか!?」

朝和「コネ入社ってことかな?」

純之介「輝行さんの話では邦重さんのコネとかは一切ないそうです。普通に就職試験で合格して、入社したらたまたま邦重さんがこの会社にいただけで。ちなみに輝行さんのお父さん(一雄・61歳・メーカー勤務)と邦重さんの奥さん(満子・56歳・肉店パート)が兄妹です。」

恭平「うちの製造部でも宅也(21歳・メーカー勤務)と等さん(45歳・メーカー勤務)が親子で同じ会社で仕事をしています。宅也はお父さんのコネとかは一切なくて、普通の生徒と一緒に就職試験を受けて合格しましたね。」

朝和「親戚が同じ会社なのもすごいけど、親子で同じ会社なのもすごいわ。」

純之介「うちの会社もいろいろありますね~。学生時代の友達で仲がいい人はいますか?まずは朝和さん。」

朝和「あまりいないかな~。」

恭平「オレもいないですね。住んでいるところはみんなバラバラなので、あまり会っていないや。実家は大阪なんですけど、周りはみんな就職や大学進学で忙しいですから。」

純之介「ぼくも愛知県民ではなくて、もともとは神奈川県民なんですよ。愛知弁も慣れていなくて。」

恭平「オレもそうです。大阪弁ばかりしゃべるので、会社では標準語ですね。」

朝和「2人とも愛知出身ではないんだね。ぼくは実家暮らしなんですが、岐阜なんですよ。大阪弁は今は全国区になっているので、ここでも大阪弁をしゃべる人は多いですよ。」

純之介「確かに多いですね。エセ関西弁的なのもありますし。あ、ぼくなんですが、高校時代で仲がよかったのは利音(23歳・看護師)と孝明(23歳・高校教師)ですね。よくキャンプをしたり、スポーツをしたりしていました。ちなみに利音は都内の大学病院の看護師で、孝明は神奈川県内の高校の先生をしています。」

朝和「利音くんとはしゃべったことはありませんが、同じ岐阜のメンバーで銀行員をやっている子がいて、その子が利音くんとは同じ小学校の同級生だったそうで。」

純之介「そうなんですか。全然知らなかったよ。朝和さんはそのメンバーとは仲がいいですか?」

朝和「3つも離れているので、たまにしゃべりますね。そんなに仲がいいってわけではないですが。恭平くんは愛知のメンバーとは仲がいいですか?」

恭平「泰作たち以外ではいないですかね。同じチームの貴浩(大学4年)がいますが、彼は学生なので、あまりしゃべったことがないです。」

純之介「同じ会社以外ではあまりいないですね。利音の小学校時代の友達も同じ東海支部なんですが、まだ全然しゃべったことがなくて。いずれは仲良しになりたいですね。」

f:id:umenomi-gakuen:20170219213738j:plain

(左から恭平、純之介、朝和)

 

次は誰が男友達を話すのでしょうか?

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

オレンジとオレンジジュース

f:id:umenomi-gakuen:20170219182002j:plain

ハロー!ロバート(11歳)です。

今日は「オレンジとオレンジジュース」についてお送りします。

 

オレンジはおなじみの果物。ぼくが住むアメリカではオレンジの栽培は盛んにおこなわれています。

オレンジの果汁を絞り出したのがオレンジジュース。オレンジジュースは100%のものもあれば、果汁入りドリンクのものもあります。

オレンジジュースはオレンジを横半分に切って、スクイザーで絞り出します。お家でも簡単にできますよ。

 

オレンジとオレンジジュースを集めてみました。

まずはオレンジ…と言いたいところですが、オレンジの仲間のみかんです。写真は「たんかん」という種類のみかん。

ポン ポンジュース 1L×6本

ポン ポンジュース 1L×6本

 

 

エルビー フルーツセレクション オレンジ100% 200ml×24本

エルビー フルーツセレクション オレンジ100% 200ml×24本

 

 

キリン トロピカーナ 100%オレンジ PET(330ml×24本)

キリン トロピカーナ 100%オレンジ PET(330ml×24本)

 

 

次は100%のオレンジジュースです。100%のものは味が濃くておいしいですよね。そのまま飲むだけでなく、スイーツにも使えます。

オランジーナ420ml×24本

オランジーナ420ml×24本

 

 

なっちゃん オレンジ 430mlペット×24本

なっちゃん オレンジ 430mlペット×24本

 

 

コカ・コーラ ファンタ オレンジ 1.5L×8本

コカ・コーラ ファンタ オレンジ 1.5L×8本

 

  

 

最後はオレンジ果汁を混ぜたドリンクです。アメリカでもおなじみのものもありますね。

他にもありましたが、今日はオレンジとオレンジジュースのおやつを楽しみましょう。

 

というわけで、ロバートでした。

バイバ~イ(^_^)/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

懐かしのCM(その25)

f:id:umenomi-gakuen:20170219165343j:plain

こんにちは。靖昭(46歳・高校教師)です。

今日は「懐かしのCM」をお送りします。

 

今月は「日本船舶振興会」をピックアップ!

 

日本船舶振興会はかつてあった財団法人で、現在は「日本財団」という公益財団法人になっています。日本船舶振興会競艇の収益金をもとに、海洋船舶関連事業、福祉事業(高齢者・障がい者(精神障がいは除く)・子ども)、海外支援事業などを行っています。

この日本船舶振興会の当時の会長だったのが笹川良一氏(故人)で、笹川氏はかつては日本の政治家でしたが、晩年に日本船舶振興会の会長に就任し、社会奉仕活動家として活躍しました。

人類みな兄弟

人類みな兄弟

 

 

CMでは笹川氏自ら出演し、子どもや若者に対する礼儀やマナーを訴えるものや、アフリカの飢餓救済問題、高齢者福祉などを訴えました。

特に印象に残っているのは「火の用心編」で、笹川氏と高見山関(現:東関親方)、作曲家の山本直純氏(故人)、チンパンジー2匹、一般の子どもたちが出演し、チンパンジー以外の出演者が火の用心を呼びかけ、曜日ごとにチンパンジーと子どもたちが掃除をしたり、木の苗を植えるなどをして、礼儀やマナーを訴えました。

曜日別では日曜日が親に肩たたき、月曜日が掃除、火曜日がたばこの始末(チンパンジーの1匹がたばこを吸うシーンがありました(!))、水曜日が水道の使い方、木曜日が木の苗を植える、金曜日が募金、土曜日が剣道をする設定となっています。

最後に笹川氏とチンパンジー、子どもたちが集まり、笹川氏が「○○をしよう」と言い、子どもたちが「一日一善!」と言い、最後にナレーターが「モーターボート競走の収益金は防犯・防火のために役立てられています。」と言って、拍子木の音で締めます。

笹川氏が最後に「○○をしよう」は、日曜日が「親を大切にしよう」、月曜日が「町をきれいにしよう」、火曜日が「火遊びはやめよう」、水曜日が「水を大切にしよう」、木曜日が「資源を守ろう」、金曜日が「物を大切にしよう」、土曜日が「体を鍛えよう」と訴えています。最後のフリップは「戸じまり用心・火の用心 日本船舶振興会」となっています。日本船舶振興会のところは笹川氏がかつて会長を務めた「日本防火協会(現:日本防火・防災協会)」の名義のところがあります。火の用心のCMでは「火の用心の歌」が流れ、作曲はこのCMに出演した山本氏が担当。少年少女合唱団が歌いました。

他のCMでは笹川氏と子どもたちがジョギングをし、子どもたちのグループが「礼儀正しくしよう」「お父さんお母さんを大切にしよう」と訴えたり、笹川氏がアフリカを訪問し、現地の子どもたちとともにふれあい、アフリカの飢餓救済を訴えたり、海洋船舶や青少年の体力作りなどを訴えました。

90年代に入り、笹川氏の露出は少なく、アニメで「戸じまり用心・火の用心」を訴えるCMや高齢者や海外の盲学校をクローズアップするCMが中心となりました。

 

1995年に笹川氏が死去し、作家で財団の非常勤理事だった曽野綾子さんが2代目会長に就任しましたが、2005年に笹川氏の三男の笹川陽平氏が3代目会長に就任し、現在に至っています。2011年に現在の「日本財団」となり、父親の良一氏が行った事業は継続しつつも、ハンセン病の世界制圧と差別撤廃と人権回復、ミャンマー政府と少数民族武装勢力との和解の実現などを行いました。

 

そして、「日本財団」としてのCMですが、財団の活動のPRや「子どもサポートプロジェクト」のPRのCMが中心となっています。

 

笹川氏自らCMに出演することで、人間としてのマナーや礼儀を知り、海外の問題についても知ることができました。笹川氏の「日本船舶振興会」のCMはマナーを忘れかけた、現代の子ども・若者・大人たちに広げなければなりません。

こうした笹川氏が行った功績はのちの息子に引き継がれています。改めて笹川氏のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

日本財団の活動についてはホームページをご覧ください。

日本財団ホームページ:http://www.nippon-foundation.or.jp/

 

次はどのCMを紹介するのでしょうか?次回もお楽しみに。

 

というわけで、靖昭でした。

また明日。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

4月12日の登場人物(その2)

f:id:umenomi-gakuen:20170219163156j:plain

豊仁(とよひと・52歳) 県内の県庁

大分県在住。緑地開発課に配属する職員で課長。仕事一筋。弘江とは実の妻。政仁、宜仁とは実の息子。実貴子とは実の娘。

 

 

青田→4月17日の登場人物

千紗→6月27日の登場人物

古山→6月30日の登場人物

ジジ→7月17日の登場人物

浩子→8月31日の登場人物

二美→8月3日の登場人物

エメラルド→8月22日の登場人物

清子→11月7日の登場人物

マルクス12月22日の登場人物

茂之→3月31日の登場人物②

オウ→3月31日の登場人物④