読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

チャットジャッジ~成人年齢、妥当なのは18歳?20歳?~

こんにちは。宏美(大学1年)です。

1か月ぶりのチャットジャッジはこのお題です。

 

「成人年齢、妥当なのは18歳?20歳?」

 

今日は「成人の日」。日本ではあちこちで成人の日の式典が開催されています。

日本の成人年齢は20歳。お酒にたばこ、選挙権なども20歳です。

しかし、海外では日本のように20歳のところがありますが、多くの国では18歳が成人です。

日本でも18歳を成人にしようと議論していますが、多くの人たちは反対が多く、難航しています。

 

そこで、18歳成人が妥当のメンバーと20歳成人が妥当のメンバーをそれぞれ4人パネリストに迎えて議論したいと思います。

 

ファシリテーターは私・宏美です。私自身は19歳。19歳は大人と子どもの間にもまれている宙ぶらりんの年齢。どちらかといえば大人だと思います。

18歳成人派のメンバーからは麻衣(高3)、裕一さん(大学2年)、悦子さん(43歳・メーカー勤務)、豊重さん(49歳・ジャーナリスト)です。

一方の20歳成人派のメンバーからは一矢さん(大学2年)、青田さん(34歳・商社勤務)、安浦さん(52歳・メーカー勤務)、原田先生(64歳・大学教授)です。

麻衣は18歳の当事者世代を代表して、一矢さんは20歳の当事者世代を代表して選出しました。豊重さんと原田先生は専門家を代表して、他のみなさんは20・30代、40代以上を代表して選出しました。

 

まずは18歳成人派メンバーからのプレゼンです。

>私は18歳の高校3年生。受験生でもあります。18歳は私は大人だと思います。大人になると子どもに比べて自由だし、何でもできます。たばこは私自身は吸うつもりはないですが、お酒は飲みたいです!お酒はいろいろな種類がありますが、まずは甘いお酒からはじめて、徐々に大人の味のお酒を試してみたいです。(麻衣)

>ぼく自身は20歳になっていますが、成人の年齢は18歳に統一すべきです。お酒やたばこなどは別として、特に18歳の権利として必要なのは「選挙権」です。日本の国会議員や地方議員を投票するのに、何で20歳からなのかが疑問です。18歳、19歳は個人差はありますが、体も考え方も立派な大人です。政治の問題は18歳、19歳の若者にとって関心の一つ。日本の政治について意見表明をするべきではないでしょうか?もちろん、18歳未満の子どもも政治のことについて関心を持ってもらいたいです。海外では選挙権はほとんどの国では18歳からとなっています。(裕一)

>私は大学生の息子(哲平・大学2年)と高校生の娘(圭織・高2)の2人の子どもがいます。私は18歳を過ぎた人は一人の大人として見るべきだと思います。16歳、17歳の高校生ではアルバイトはできても、労働基準法などで夜の10時以降の労働が禁止されていますし、一部の職種では労働ができないことになっています。高校3年を含む18歳からはその制限がなくなりますし、ほとんどの職種で労働ができるようになります。ちなみに息子は20歳ですが、アルバイトは飲食店の調理補助と家庭教師をかけもちでしています。(悦子)

>私は大手テレビ局の報道記者を経て、今はフリーの政治ジャーナリストとして、執筆活動やテレビ出演などで活動しています。18歳成人制度は私も賛成です。選挙権もそうですが、18歳以上20歳未満が犯罪を犯した場合、現行では「少年法」の扱いとして、少年司法で裁くことになっていますが、18歳成人制度が実現すると、少年法の対象から外れ、成人と同様の司法で裁くことができます。少年法では実現できなかった「死刑」や「無期懲役終身刑)」も可能になってきます。少年司法の問題は議論になっていますが、犯罪被害者とその家族の声にも反映しなければなりません。また、「裁判員制度」も現行では20歳からですが、18歳成人制度が実現すると、18歳から裁判員裁判に参加することが可能になります。(豊重)

 

他のメンバーからの意見があります。

>18歳成人はアメリカなどの多くの国で制度になっています。たばこ、酒、ギャンブル、アダルトビデオ・画像、結婚など、いろいろな権利がありますが、対象年齢は国によって異なります。しかし、選挙権や国民投票は多くの国で18歳からとなっています。ぼく自身は17歳の高校2年生ですが、国の政治についてはモノを言う権利はあります!20歳未満の子どもや若者が何の意見も言うことができないまま、政策が進行していくのはおかしいと思います!!(清志・高2)

>イギリスでは州にもよりますが、多くの州では18歳が成人年齢です。もともとは武力行使で兵隊を入れるために18歳成人制度になりましたが、18歳は一人の大人としての人格を持っています。成人になるといろいろな権利が自由にできますが、その分、自分で責任を持たなければなりません。他のヨーロッパやアメリカ、オセアニアなど、多くの国では18歳が成人であるし、国際的な基準としても18歳が成人です。(オードリー・19歳)

 

20歳成人派メンバーからの反論です。

>選挙権の18歳引き下げはぼくも賛成です!国民の政治について意見を言うのは年齢は関係ないと思います。しかし、少年司法の引き下げには賛成できません。犯罪被害者の問題もありますが、少年犯罪を犯した人たちの中には発達障害知的障害などの障害を持つ人もいます。その人たちを健常者(定型発達者)と同様の裁き方をすべきではないと思います。成人の司法でも同じです。(一矢)

>18歳を成人にするのはおかしいと思いますね!!自分の行動に責任を持てないやつがいるのに、何で18歳、19歳の人間を成人にする意義があるのかね!?(青田)

>これまで20歳以上が対象だった酒、たばこ、ギャンブルなどが、成人年齢引き下げにより、自由になってしまう。日本の常識に逆らってしまう人間が増えてしまうのが怖いです。(安浦)

>未成年者を何でもかんでも自由にしてしまうのは、日本の質が落ちてしまいますな。うちの大学でも常識はずれの学生たちがどれだけいることか。(原田)

 

次は20歳成人派メンバーからのプレゼンです。

>ぼくは20歳の大学生です。18歳成人制度は選挙権や国民投票に関してはするべきだと思います。ただ、酒やたばこに関しては現行通りにすべきです。20歳未満の子ども・若者は成長期の段階。未成年の段階で酒を飲んだり、たばこを吸ったりすると、体に悪影響を及ぼします。酒は飲みすぎるとアルコール中毒にかかり、ひどい場合はアルコール依存症や肝機能の悪化を引き起こします。たばこは吸いすぎると肺がんや肺気腫といった呼吸器系の疾患を起こしたり、心筋梗塞や脳血管障害などにも結び付きます。ぼく自身はお酒やたばこが可能な年齢ですが、たばこは吸わないし、お酒は一滴も飲めません。(一矢)

>私は成人年齢は現行通り、20歳のままでいいです。いや、もっと引き上げをすべきですね。20歳を過ぎた若者が非常識な行動をとるやつが多すぎる!!悪質な画像をツイッターなどで投稿をするし、高齢者等座席が必要な人間に対し、電車やバスの座席を譲らずにそのまま居座ったり、外でしかも公共な場所で子どもが騒いでも注意をしない親など、ひどすぎる!!もっとひどいのは携帯のマナー。公共な場での携帯の使用が非常に多い。電車の中で通話やメールをしたり、歩きながらスマホをいじったりするやつが多すぎる!これらは子どものときのしつけができてないからだ!!子どものしつけができていないやつを大人として認めるべきではない!!(青田)

>私は大手電機メーカーに勤務しています。仕事は総務や人事を担当しています。毎日の業務の中に新卒や中途採用の面接にも関わっていますが、18歳の高校生や20歳以上の大学生や短大生、専門学校生、社会人たちをこれまで見てきました。学校の成績や学生生活も重視していますが、高卒、大卒、既卒関係なく、社会の常識を身についている子は、うちの会社の社員として採用しています。不採用になっている応募者の多くが社会の常識を身についていないんですよ。これは親や学校の教育にも問題がありますが、わがままで自己主張ばかりをする本人たちの責任です。成人の年齢は現行の20歳が理想ですが、こういった若者の増加で、引き上げ引き下げはできないです。20歳を過ぎている人間であっても、社会の常識を身についていない人間は成人として認めないですね。(安浦)

>私は都内にある私立大学で教授をしています。成人年齢は20歳のままが妥当です。18歳・19歳は体は大人でも中身はまだ子ども。いろいろな権利を与えてもおかしくなるだけ。まだ親を必要としている世代ですよ。結婚は男子が18歳、女子が16歳となっていますが、私は結婚できる年齢はどちらも20歳以上にすべきだと思いますね。未成年者同士が結婚すると財産の問題など、いろいろな問題が発生する。特に子どもが生まれるとなると、父親・母親としての責任を果たさないといけない。父親がわからないあるいはわかっていても認知をしない男の子どもを産んで、その子どもが幸せにできると思いますか!?母親の責任を果たすことができなくて、そのまま好きな男のところへ逃げて、残された子どもは施設送りですよ。子どもを虐待する親も増加しているし。実際に女子高生が妊娠して、トイレなどで産み落としてそのまま捨てる事件が現実に起こっているんですよ!!未成年者に結婚・出産をする権利はないですな。(原田)

 

他のメンバーからの意見があります。

>私は成人年齢は20歳のままがいいと思います。競馬などのギャンブルや宝くじの購入は20歳以上と決められていますし、クレジットカードの加入やローンは会社にもよりますが、20歳以上がほとんどです(ただし、クレジットカードは18歳からでも加入できます)。18歳を過ぎた大学生が一人暮らしをするとなると、親同伴でなかったら契約ができないですし、生命保険や損害保険も未成年者の契約は無理だと思います。遺言の可能年齢は15歳以上となっていますが、私は20歳以上に引き上げをすべきだと思います。15歳~19歳の方が死ぬことって少ないし、遺言を書いている人って見たことがありません。自殺をする際に遺書を書く人がいますが、内容も「お父さん、お母さんごめんなさい…」と書いてあるのがほとんどで、相続権などを書いてあるのがほとんどありません。19歳以下の財産の権利や遺言の権利は難しいと思いますし、責任も重大になってきます。(希恵・中1)

>韓国では満年齢と数え年が異なります。国際的な基準では19歳が成人ですが、数え年が20歳です。韓国では「数え年」を年齢の基準にしているので、20歳が成人なんです!ただ成人になっても大学や大学院に進学する人たちが多く、結婚も遅いです。(ユンリ・20歳)

 

18歳成人派のメンバーからの反論です。

>私は18歳ですが、ちゃんと良識を考えて行動をしています。それよりも自分の権利を主張をしながらも、非常識な行動をとる30歳以上の大人たちの方が問題です!!(麻衣)

>18歳を成人として認めるべきなのは選挙権や裁判員制度など、国民の意見に参加できるものだけで、酒やたばこ、財産等の権利は別です。これらは現行のままにするか、年齢引き上げなどで議論すべき問題だと思います。(裕一)

>結婚・出産の年齢に関しては18歳でなくてもいいと思います。むしろ20歳以上の方が望ましいです。私自身も子どもを持つ母親なので、子育ては想像している以上に難しいです。娘は17歳の高校生ですが、もし娘の年齢で結婚・妊娠するとなると、私も主人(哲浩・43歳・鉄鋼会社勤務)も反対すると思います。娘はまだ子どもっぽいところがありますので、責任を持って出産・子育てをするのは困難です!結婚の年齢は女子が16歳以上になっているのもおかしいですし、夫婦、家族としての責任を果たすべき年齢は、20歳以上に引き上げるべきです。(悦子)

>社会の常識を身についていない人間は未成年者、20代・30代の若者だけではありません。40歳を超えた中高年の世代でも多いです。社会常識の問題は世代全体の問題でもあります。学校や職場、社会で話し合う場を作るべきだと思います。家庭・学校・職場・社会の人間関係の希薄化も大きな問題になっています。(豊重)

 

以上で終了です!!

ここで、私がジャッジします。

結論は…国際的な基準に基づいて、18歳成人が妥当!!ただし、18歳成人に合わせて、各種権利の対象年齢は18歳に合わせるべきではありません!!

f:id:umenomi-gakuen:20141117194704j:plain

日本は現行では20歳以上が成人年齢ですが、アメリカやヨーロッパなど、多くの国では18歳以上が成人年齢ですし、国際的な基準でも18歳以上が成人です。

日本は18歳以上を成人にするに伴って、選挙権、酒、たばこなどの権利も一律に18歳にするのは別だと思います。海外では選挙権が成人年齢に合わせた18歳以上がほとんどですが、酒やたばこなどは対象年齢が異なります。それぞれの権利はそれぞれの年齢にあったものでなければなりません。政府はそういったことも考えなくてはならないし、国民も成人年齢のメリット・デメリットも考えなくてはなりません。

 

今日はチャットジャッジ・第21回目「成人年齢、妥当なのは18歳?20歳?」をお送りしました。

 

*参考リンク*

ウィキペディア(成年):http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E6%88%90%E5%B9%B4

成人は20歳か18歳か:成人年齢引き下げ問題を考える(YAHOO!ニュース):http://bylines.news.yahoo.co.jp/usuimafumi/20140113-00031516/

主要国の各種法定年齢(選挙権年齢・成人年齢引下げの経緯を中心に(国立国会図書館)(PDFですので、PDFファイルが見れるソフトが必要です):http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/document/2008/200806.pdf

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ