読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

懐かしのCM

プチログ(ニュース関連) プチログ(ニュース関連:エンタメ)

f:id:umenomi-gakuen:20150225190512j:plain

こんばんは。静八(39歳・広告代理店勤務)です。

今日から月に1回お送りする「懐かしのCM」の歴史についてお送りしたいと思います。

 

私自身、大手広告代理店の関西支社でCMプランナーをしています。主に関西圏内のテレビやラジオのCMの製作を担当しています。

関西のテレビCMは今はそれほど個性はなくなりましたが、その昔は独特なCMが多かったです。

関西のテレビCMはいろいろありますが、その中から今回は「味園(みその)」をピックアップしたいと思います。

 

「味園」とは、大阪・千日前にある飲食店ビル。正式名称は「味園ビル」といいます。千日前は今流行の「ウラなんば」にある町です。

「味園」は大人数のグループが対象の宴会場・飲食店で、「食事のデパート」と言われており、主に中華料理や鍋料理を中心に破格な値段でサービスをしています。CMでは大びんビールが290円(その昔が250円(!))や500名収容の大宴会場などをアピール!大宴会場では実際の宴会場の様子の映像が流れていました。しかもかなり昔のものです。

この他にサウナやカラオケルーム、スナック店舗、マッサージルーム、ホテルまであるという豪華さ。

 

「味園」のCMは昭和50年代から平成の初期まで放送されました。主に兵庫の「サンテレビ」などで放送されていました。

昭和50~60年代のCMでは、宇宙を思わせる効果音、「ポワ~ン」という音、赤と青のネオン、最後の男女ナレーションの「味園」の連呼(しかもエコー入り)!CMではメニューの紹介と各種施設の紹介が中心でした。

平成に入ってからは男性芸人(現在は解散)を起用して、各種施設の紹介をしました。昭和時代と比べると、宇宙を思わせるような雰囲気はありません。

昭和では放送しなかったキャバレー「ユニバース」のCMがこの時期に放送が開始されました。多くの女性キャバ嬢たちが客の男性を接待し、ド派手な照明やエロティックな雰囲気を醸し出されていました。特に女性ナレーションの「明日への活力、活力(エコーでしゃべる)」が強烈で、その後の映像が男女のキスシーンで、子どもには見せられないものでしたね。

 

現在の「味園」ですが、テレビCMは現在は放送されていません。飲食店・宴会場は健在で、メニューは一部はなくなりましたが、中華料理や鍋料理は現在でもあります。ただし、値段は昭和時代よりも高くなっており、大びんビールが290円だったのが、今は500円に跳ね上がっています。

飲食・宴会以外の施設ではホテル以外はすべてなくなり、スナック店舗は別の店が入るようになり、アニメ喫茶やゲームバーなどのサブカル系店舗や現代アートギャラリーなどが営業しています。

また、キャバレー「ユニバース」は現在は閉店して、貸会場スペースとなりました。

 

「味園」の中の店舗だった「ユニバース」を舞台に、若者の人間模様を描いた映画・「味園ユニバース」が関ジャニ∞渋谷すばるさんらの出演で上映中です。

 

「味園」の詳しい情報についてはホームページをご覧ください。

味園ホームページ:http://universe-misono.co.jp/

 

次回はどのCMを紹介するのでしょうか?こうご期待です。

 

というわけで、静八でした。

また明日。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ