読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

ガールスカウトの女子たち

f:id:umenomi-gakuen:20150318175714j:plain

こんにちは。祐子(小5)です。

今日は「ガールスカウト」についてお送りしたいと思います。

 

今日はガールスカウト風のファッションにしました。ちょっと活動的な女子って感じでしょ?あ、これはガールスカウトの制服ではないですよ(^_^;)

 

さて、ガールスカウトについてですが、1908年にイギリスで誕生しました。男子が対象のボーイスカウトがお手本だそうです。後に世界各国でガールスカウトができ、日本では1952年に誕生しました。

海外で共通する活動の基本原則は「やくそく」と「おきて」。健全かつ幸福で社会に貢献する女性の育成が目的です。対象者は女子で、人種・国籍・宗教は関係ありません。

世界的団体として「ガールガイド・ガールスカウト世界連盟」があり、日本では「公益社団法人ガールスカウト日本連盟」で、団数は1500団、メンバーは約5万名です。

 

構成ですが、5歳から社会人まで女子であれば誰でも入れます。

テンダーフット:5歳から6歳までの小学校入学前の女の子

ブラウニー:小学校低学年の女の子

ジュニア:小学校高学年の女の子

シニア:女子中学生

レンジャー:女子高生

成人:18歳以上の女性

小学生までの子どもは遊びながら活動するのがほとんどですが、中高生になると自ら活動を企画したり、問題解決能力を身につけたりすることがほとんど。

成人の場合は3種類に分かれ、テンダーフットからレンジャーまでのリーダーになったり、団の運営に携わったり、リーダーにはならずに、自分の好きなことに活動したりとさまざまです。リーダーの場合は一定の講習会を受講することで、指導者の資格を取得することができます。

 

ボーイスカウトとの違いですが、女子だけで活動をするので、自立した女性の育成をすることができます。野外活動のときも女子だけだと安心ですものね。ただ、ボーイスカウトでも女子を受け入れることができますが、配慮の違いで問題があるんだよね。活動中でも男女の区別はないし、女子に対する配慮はあるところもあればないところもある。

制服があって、世代によって違うんだ。それにガールスカウトの団体以外では売っていないし、ガールスカウトじゃない人がガールスカウトの制服を着るのは禁止なんだ。

各世代ごとにやくそくとおきてがあって、それを守らないといけないのもルール。

 

ガールスカウトを経験した女性は世界中にたくさんいますが、国内外含めて、そうそうたる方々がガールスカウトを経験していたんですよ。名前はあえて言えませんが、すごい方もいます。

 

お父さん・お母さんで娘にガールスカウトをさせたい方はホームページにアクセスしてくださいね。ホームページをご確認の上、地元のガールスカウト団に相談を。

 

というわけで、祐子でした。

バイバ~イ(^_^)/

 

*参考リンク*

公益社団法人ガールスカウト日本連盟ホームページ:http://www.girlscout.or.jp/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ