読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

ファーストキスの味は?

おしゃべりカフェ(その他) おしゃべりカフェ(その他:恋愛)

こんにちは。華子(高3)です。

今週のおしゃべりカフェは「ファーストキス」です。

恋愛で初めて経験する一つがファーストキス。そのキスって、どんな味かを経験された方もいます。

今日は彼氏(ダンナ)ありの女子3人でおしゃべりしたいと思います。

メンバーは清華さん(大学4年)、将子さん(51歳・主婦)、私・華子です。

 

華子「今日の「梅の実弁当」です。献立はご飯(梅干しつき)、焼き魚(さば。キャベツのせん切りつき)、肉じゃが、くきわかめの酢の物、漬物(たくわん)、果物(プリンスメロン)です。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

華子「おいしいです!初「梅の実弁当」ですが、他のみんなのうわさ通りですね。」

清華「和食が好きなので、体にいいメニューばかりですね。」

将子「こういうのは若い人は食べないですが、積極的にとってほしいものばかりです。味もおいしいです。」

 

~お弁当を食べ終わったところで、本題です~

華子「今日は私のお気に入りの紅茶を飲みながらおしゃべりしたいと思います。本題に入る前にお互いの彼氏を紹介したいと思います。まずは清華さん。」

清華「私は同じ大学に通う初(大学4年)です。年齢は1年浪人した彼の方が1歳上ですが、同級生です。私は文学部に在籍していますが、彼は法学部です。出会いは大学ですね。」

華子「ありがとうございます。次は将子さん。彼氏っていうよりはダンナさんですかね。」

将子「はい。私の主人ですが、地元の中小企業であるメーカーで専務をしています。出会いですが、お互いの知人同士の紹介で知り合いまして、そのまま結婚しました。結婚後は一時期は専業主婦をしていましたが、子どもの高校や大学進学で一時期パートとして働いていました。今は子どもたちも社会人になって独立し、夫婦2人だけの生活になったので、パート先の会社を退職し、再び専業主婦になりました。」

華子「ありがとうございます。私ですが、幼なじみの雅也(高3)です。小学生の途中までは東町に住んでいましたが、親の都合で西町に引っ越しして、学校もそのまま転校しました。高校生になり、彼氏と偶然再会してから付き合い始めました。私は西町にある私立のお嬢様学校を中学から進学。彼氏は東町にある公立高校に通っています。」

将子「みなさんいろいろな恋愛をしていますね。」

華子「では、それぞれの彼氏(ダンナ)について教えてもらったところで、ファーストキスはいつ頃でしたか?」

将子「私は高校生の頃ですね。相手は主人ではなく(ワラ)、初恋相手なんですが。」

清華「私は中学時代に付き合っていた元彼ですね。ファーストキス自体は高校生の頃です。」

華子「私はないですね。彼氏以外で興味のある男子がいなかったし。それで、ファーストキスの味はどんな味でしたか?」

清華「たばこの味がしましたね。元彼は当時高校生でしたが、たばこは吸っていません。私もそう。未成年でしたから当然ですけどね。」

将子「私はあまり覚えていないですね。もうだいぶ昔の話なので。たばこを吸っていないのにたばこの味がするんですか?」

清華「何ででしょうね~?お互いたばこを吸っていないのに。その元彼とは大学受験があるからと、お互いそのまま別れました。」

華子「なんか不思議ですよね。レモンの味だったり、ガムの味だったりといろいろですよね。いつかは彼氏とキスをしたいです(ワラ)。」

f:id:umenomi-gakuen:20150318190003j:plain

(左から清華、華子、将子)

 

あなたはファーストキスの経験はありますか?どんな味がしましたか?

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ