読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

ママとパパの子育て日記~ママたちの職場環境~

f:id:umenomi-gakuen:20150712171600j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20150712171609j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20150712171617j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20150712171627j:plain

***出演***

美夏(28歳・メーカー勤務)

伸子(36歳・スーパーパート)

 

(一言)

子育て中のお母さんたちの中には働いている方もいます。

 

職種は事務職を中心に、飲食店、販売職、製造職、保険会社の営業、教師、看護師、保育士、介護福祉士・ヘルパー、栄養士(管理栄養士)などさまざまな仕事をしているお母さんたちがいますし、雇用形態は正社員、契約社員、パート、派遣社員フリーランス、在宅業務とさまざまです。

職種は別として、雇用形態としては大きく違います。

正社員は社会保険などの福利厚生が充実していて、毎日続けられる環境があります。育児休暇が取得できるのも正社員の特権。

パートなどの非正規社員は自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や曜日を選択することができ、主婦の両立もしやすいです。

 

しかし、どちらもデメリットがあります。

正社員は勤務時間が固定されていること。子育て中であっても朝から夕方まで働かなければなりません。フレックス制や短期労働制を採用している会社もありますが、大手企業などごく一部。多くは会社が決められた時間に出勤しなければなりません。残業もしなければならない会社もありますし、時間の融通が利きません。最近では育児休暇があっても、いじめや退職を迫られるなどの「マタニティハラスメント」が急増し、上司や同僚の目を気にしながら長時間働かなければならず、過労などが原因で子どもを流産・死産させてしまう人も多いです。

非正規社員は育児休暇が取れずに、会社を退職しなければならないこと。福利厚生が充実していないことです。社会保険のうち、健康保険は夫の扶養で入ることが可能ですが、雇用保険や厚生年金は入らなければならないです。しかし、多くの会社では社会保険を完備しているところは少なく、退職したら失業手当がもらえず、すぐに就職活動をしなければならないし、年金は国民年金に入らなければならないです。交通費もないところが多く、自宅から遠い人は大きな負担になります。育児休暇は非正規社員は対象外。子どもができたら会社を辞めなければなりません。リストラも非正規社員が真っ先に被害に遭います。非正規社員は正社員よりも人件費が安く、簡単に解雇・契約解除をすることが可能です。特に派遣社員は「労働者派遣法」改正でさらに働きにくくなることが予想されます。

 

正社員も非正規社員も共通する問題は「保育園」の問題です。

正社員では産休に入ってから出産し、非正規社員では会社を退職してから出産します。正社員は一定期間休んだ後に職場を復帰しますが、その際に保育園に空きがなくて、保育園に空きが出るまで無認可施設に預けなければなりません。非正規社員は子どもが1歳になるまで家で子育てをし、その後就職活動をしなければなりません。就職先が見つかったら、働きだしますが、その際に保育園に空きがなくて、正社員と同様に無認可施設に預けなければなりません。就職活動中では保育園に入ることは難しく、親に預けてもらうか無認可施設に預けなければなりません。「保育園の待機児童」の問題です。

働く女性は正社員・非正規社員関係なく、保育園の入園は大きな問題となっています。幼稚園の入園時期である3~6歳までの子どもは幼稚園に入園しなければならないですが、保育園の入園を希望する親が多く、6歳まで無認可施設に預けているケースが多いです。幼稚園は長期保育ができず、お昼間に子どものお迎えに行かなければなりません。子ども園の選択もありますが、子ども園の数が増えつつあるものの、まだまだ少ないのが現状です。経済的に苦しい家庭では幼稚園や無認可施設さえも行くことができない親子が多いです。

これは国が幼児教育の保育料を無償にしなければならない問題です。自民党をはじめとした政府では幼児教育施設の無償化を訴えましたが、財務省が反発し、先送りになりました。また、政府では幼児教育施設の無償化と同時に、義務教育化にしようとしていますが、幼児世代の義務教育は発達の形成がおかしくなり、子どもだけでなく、親も大きな負担になります。無認可施設の問題や保育園の待機児童の問題がある限り、幼児世代の義務教育はすべきではないです!!まずは保育園の待機児童の解消と低所得者一人親家庭などの保育料無償が先だと思います。

 

正社員も非正規社員も、働くお母さんにとっては大きなメリットもあれば、デメリットもあります。それぞれにおかれている立場、自分のライフスタイルに合わせて働き方を選んでください。

 

再来週は未婚の女子たちの職場環境については、「女子伝説」にてお送りします。(美夏)

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ