読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

チャットジャッジ~少年法上限年齢は20歳?18歳?~

チャットジャッジ チャットジャッジ~政治~

こんにちは。一矢(大学2年)です。

今月のチャットジャッジはこのお題です。

 

少年法上限年齢は20歳?18歳?」

 

今年の国会で選挙権の年齢が18歳に引き下げたことを受け、各種成人年齢、行使可能年齢が20歳から18歳に引き下げようとしていますが、その中で特に問題になっているのが「少年法」です。

少年法」は事件を起こした少年・少女が更生施設で訓練を受けたり、刑を裁く法律で、現行ではおおむね12歳~20歳未満(刑事責任は14歳~20歳未満)までですが、今回、その上限年齢を20歳未満から18歳未満に引き下げようとしています。

理由は多くが犯罪被害者に対する配慮や少年による凶悪事件が増加していることですが、少年に対する配慮や教育が必要とする声もあります。

 

今回は少年法の上限年齢を現行の20歳未満のままでいいとするメンバーと、18歳未満までに引き下げをすべきだというメンバーをパネリストに迎えて議論したいと思います。

ファシリテーターはぼく・一矢です。

20歳派メンバーからは美春さん(高3)、弥矢子さん(大学1年)、叶二さん(38歳・フリーター)、吟さん(57歳・介護福祉士)です。18歳派メンバーからは尚行くん(高3)、綾女さん(29歳・飲食店パート)、アルベルトさん(ダルメシアン・♂9歳)、育代さん(55歳・家業手伝い)です。

それぞれ18歳の年齢である高3生、19歳を含めた20代、30~40代、50代以上のメンバーで選出しました。

 

まずは20歳派メンバーからのプレゼンです。

>私は少年法の上限年齢は20歳のままでいいと思います。私をはじめ、18歳のほとんどが高校に通っています。少年法では名前や顔写真が公開されませんが、成人の司法では名前や顔写真が公開されます。少年法の上限年齢が18歳に引き下げてしまうと、名前や顔写真が公開されてしまいます。特に高校生は学校名や名前まで公開してしまう恐れがあるので、犯罪者が自分の学校の生徒だとわかってしまいます。そこにマスコミが学校まで来て取材に行き、生徒を混乱させてしまいます!学校が混乱を招くようなら、少年法の引き下げはやめてほしいです!!(美春)

>私も20歳のままがいいです。20歳未満の人は体は大人でも精神的にはまだ子どもです。成人に比べて考え方も未成熟で、大きな混乱を招くことになりますし、引き下げになっても、少年犯罪は減ることはありません。(弥矢子)

>オレも少年法の改正には反対です。理由は障害を持つ子が多いことです。障害の中でも発達障害はこの世代では多いです。発達障害を持つ若者は普通の若者と比べてコミュニケーション能力が乏しく、社会で行き詰る子が圧倒的に多いです。普通の成人のように厳しくしてしまうとパニックを起こしてしまいます。中には精神疾患を併発する子もいるので、少年法の引き下げはやめてほしいです。(叶二)

>20歳未満の子の中にはうつ病統合失調症などの精神疾患にかかっている子が多くいます。少年犯罪の根っこには精神疾患で薬を服用中の作用で起こっていることがあります。犯罪被害者に対する配慮も重要ですが、この年齢の子どもでは重い刑に課せることはあまりにも残酷です。(吟)

 

他のメンバーからの意見があります。

>20歳未満の少年・少女は精神的にも大きな問題を抱えている人たちが多く、極刑にすることは非常に慎重にならなければなりません。うつ病などの精神疾患の罹患者もこの年代でも多いですし、重い刑を科すことよりも、教育や更生が重要になってきます。少年法はそのための法です。(後町・37歳・精神科医)

>数多くの少年犯罪が起こっていますが、その原因の多くがいじめや親からの虐待、家庭環境の悪化など、普通の家庭では考えられないことが起こっています。これらのストレスがたまりにたまって、大きな犯罪へとエスカレートします。少年たちを処刑するよりも教育や社会復帰の方が必要です。年齢を引き下げるとなると、大きな混乱を招いてしまうことになるので、私としては反対です!(文子・41歳・弁護士)

 

18歳派メンバーからの反論です。

>少年に対する配慮は必要かもしれませんが、それよりも犯罪被害者に対する配慮の方が必要だと思います。20歳派の方たちはそれが理解していないようですね。(尚行)

>私も犯罪被害者に対する配慮の方が優先です。今の少年たちは警察に任せないとダメなことが多いです。特に凶悪犯罪の場合は少年の方ばかり配慮をする。こんなんではダメだと思います!!(綾女)

>18歳以上にもなれば大人です。海外の多くは18歳です。どんな境遇の人でも罪を犯したら処刑は重いです。(アルベルト)

>やはり犯罪被害者に対する配慮が、今の少年法にはないように思います。成人の犯罪の場合は犯罪被害者の人権が優先されますが、少年犯罪の場合はそれがない。これはあまりにもおかしいと思います!(育代)

 

次は18歳派メンバーからのプレゼンです。

>ぼくは高3ですが、少年法の引き下げは賛成です。18歳はもう大人の年齢です。多くが高校を卒業して大学等に進学するか、社会人として仕事をします。この年代になってくると自分の自己責任になるので、罪を犯しても死刑などの極刑は可能だと思います。(尚行)

>少年犯罪は昔よりもひどくなっています。特に問題だったのが「神戸連続児童殺傷事件」です。2人の子どもを殺した犯人が当時中学3年の少年で、今は刑事責任が問われる14歳~15歳の少年では、その当時は刑事責任が問われず、極刑さえもできませんでした。その少年も今は30代の男になり、少年院を出て、日本のどこかで暮らしています。しかもこの男は、その少年時代のことを本として出して、遺族には何も話していなかったのですよ!!何でひどい事件を犯した元少年の男を極刑にしないのですか!?あまりにも矛盾すぎていると思います!!(綾女)

少年法は刑事責任は問われても、死刑や無期懲役にすることができません。日本の少年法は海外に比べて非常に甘く、この年代の少年たちは何をやっても罪にならないんだという誤解を受けてしまいます。たとえ軽い事件であっても悪いことは悪いってことを認識していないように思います。(アルベルト)

>少年事件の中で特に問題となったのが「光市母子殺害事件」です。この事件はごく普通の主婦とその子どもが当時18歳の少年によって殺害されました。犯行が非常に陰湿で悪質な事件。マスコミは少年を配慮した記事を出し、少年法では手厚い更生が主でした。その少年がのちに成人になってから裁判で死刑が言い渡されましたが、遺族であるご主人とその家族に対する配慮が全くなされていませんでした。もっと早く少年法の上限年齢が18歳未満に引き下げになっていたら…と思うと、本当に悔しくてたまりませんし、遺族に対する配慮がもっとなされたはずです。(育代)

 

他のメンバーからの意見があります。

>海外では多くの国では少年司法の上限年齢は18歳までです。私が住むアメリカでもすでに18歳未満が少年司法の上限年齢です。アメリカでは少年による銃乱射事件が毎年あり、多くの少年たちが逮捕されました。中には多くの人を無差別に殺した後に、自ら銃を打って自殺をした少年もいました。アメリカでも少年犯罪が深刻化し、薬物による犯罪も多いです。被害者の人権を尊重するためにも、罪を犯した少年を処刑することも必要だと思います。(ジョブ・34歳)

>犯罪被害者に対する人権擁護が今後重要になってきます。犯人が成人の場合は犯罪被害者の人権が尊重されますが、少年の場合はそれが後回しになります。少年はたとえ犯罪が重いものでも、教育や社会復帰が優先されますし、刑でも有期刑しか裁くことができません。少年の場合は精神的に未成熟でもある程度の年齢に達した場合は成人と同じ刑にした方がいいです。そうしないと犯罪被害者の人権がますます尊重されにくくなります。(重昭・37歳・弁護士)

 

20歳派メンバーからの反論です。

>犯罪被害者の人権を守らなければなりませんが、それよりも自分の学校の生徒が犯人になって、学校中を混乱させてしまう方が一番嫌です!!(美春)

>私も犯罪被害者の人権は尊重すべきだと思います。18~20歳の間は大人の扱いになってしまうので、責任は必要になってくると思います。(弥矢子)

>障害者はどうするのですか?責任能力が困難な人はそれができませんよ!!(叶二)

>やはり犯罪被害者の人権は擁護すべきだと思います。同じ事件を犯しても成人と少年では明らかに処刑をする刑が違うのはおかしいです。少年に対する保護も重要ですが、犯罪被害者の人権の方も優先すべきだと思います。(吟)

 

以上で終了です!!

ここでぼくがジャッジします。

結論は…海外の流れや犯罪被害者の人権を考えると、18歳未満までの引き下げはやむなしだと思います!ただし、少年法全体の法律についても考えなければなりません!!

f:id:umenomi-gakuen:20150910163817j:plain

18~20歳までの年齢は、現時点で未成年であっても、大人の扱いになります。海外の多くの国では18歳未満までが少年司法の上限年齢で、18歳以上では今後は犯罪を犯しても罪は成人と同様になってくると思います。これは犯罪被害者に対する配慮を重点的にしなければならない結果です。

しかし、18歳未満の子どもも含めて、日本の少年法は大きな問題があります。刑の扱いから、少年院などの教育・更生、犯罪被害者に対する配慮など課題が多く残っています。

 

今日はチャットジャッジ・第30回目、「少年法上限年齢は20歳?18歳?」をお送りしました。

 

*参考文献*

「食事で治す心の病」 大沢 博著 第三文明社

*参考リンク*

ウィキペディア少年法):http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%B3%95

少年法「18歳未満」検討 自民特命委、対象引き下げ提言へ(中日新聞):http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015081802000059.html

少年法の「成人」年齢引下げに関する意見書(日本弁護士連合会(PDF)):http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2015/opinion_150220_2.pdf

犯罪被害者等の少年審判への関与に関する少年法改正案に対する会長声明(島根県弁護士会):http://www.shimaben.com/36.html

少年犯罪と少年法を考える:http://homepage1.nifty.com/nik/shonen2.htm

ウィキペディア(神戸連続児童殺傷事件):http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%85%90%E7%AB%A5%E6%AE%BA%E5%82%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ウィキペディア光市母子殺害事件):http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E5%85%89%E5%B8%82%E6%AF%8D%E5%AD%90%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

アメリカの銃犯罪(Jinkawiki):http://kwww3.koshigaya.bunkyo.ac.jp/wiki/index.php/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E9%8A%83%E7%8A%AF%E7%BD%AA

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ