読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

親しい女友達(その5)

こんにちは!咲(中2)です。

今週のおしゃべりカフェは「女友達」・第5弾です。

今日は小学校時代の同級生のメンバーたちとおしゃべりしたいと思います。

メンバーはウチ・咲、玲実(中2)、初登場の苺(中2)です。

 

咲「今日は1か月ぶり(ワラ)の「梅の実弁当」です。献立はご飯(梅干し付き)、鶏肉のから揚げ(キャベツのせん切りつき)、きのこの蒸し焼き、ほうれん草の煮びたし、漬物(たくわん)、果物(梨)です。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

咲「おいし~。バラエティがあっていいですね。」

玲実「鶏肉のから揚げ大好き!ジューシーでおいしいです。苺は?」

苺「おいしいです。」

 

~お弁当を食べ終わったところで、本題です~

咲「今日は麦茶を飲みながらおしゃべりしたいと思います。今日のテーマは「女友達」です。今日は同じ小学校の同級生3人です。ウチら3人は西町にある「南高小学校」を卒業しました。中学は別々で、ウチは同じ西町にある「桂花女子学園」に通っています。」

玲実「ウチは地元の「西北中学校」に通っています。」

苺「中央町にある「東都大学附属」に通っています。」

咲「ありがとう。苺は「東都」なんだね。うちの兄(悠貴・高1)が中学から「東都」に通っているので、学校の雰囲気とかは知っています。付属校らしい自由な校風であるのがうらやましいです。」

苺「咲のお兄ちゃんも同じ学校なんだ。なんかすごい縁がありそう(ワラ)。うちの学校ですが、かなり自由です!でも、男女交際とかは禁止なので、自由と不自由を織り交ぜた学校ですかね。」

玲実「ウチは地元の公立なので、校則は厳しいし、高校受験もある。でも、隣の「西中学校」に比べると自由な学校なので、まだ救われましたね~。」

咲「ウチも苺も今の学校に受からなかったら、玲実と同じ学校に通っていたかも。ちなみに「桂花」は男子校の「開布」と並ぶ進学校で、国公立大学の合格率が高い学校です。校則自体は比較的自由ですが、勉強が結構厳しいですね。授業の進み具合が早いので、毎日の予習・復習が欠かせないです。」

苺「「桂花」は確かに厳しいよね。絶対勉強についてゆけないし、勉強漬けは結構大変だ~!」

玲実「ウチも絶対に無理!!ハイレベルな授業は絶対についていけない!中学受験は受けなかったので、そのまま今の学校に進学しましたが、それでも学校の勉強についてゆけるのに必死!受験があるから、内申点ももらわないといけないし。」

苺「ウチは高校受験を避けたいから、中学受験で今の学校に入りました。高校生であるうちの姉が玲実と同じ中学に通っていたので、高校受験の苦労を目の当たりにしていました。校則通りの制服を着ないといけないし、遊ぶのも何かに監視されていて、ずっとおびえていた姉を見ていました。」

咲「結局お姉さんは高校には合格したの?」

苺「滑り止めである私立の付属校には合格しましたが、本命であった公立の進学校に落ちてしまい、すごくショックを受けて、精神的不調になってしまいました。そのまま私立の付属校に進学しましたが、勉強についてゆけずに留年して、不登校になってしまって、結局その学校も辞めてしまって、通信制の高校に転校しました。今は大学受験生なので、バイトをしながら受験勉強をしていますが。ちなみに姉が通った私立の付属校ですが、ウチが通う学校ではありません。」

玲実「ウチもそんなだったらどうしよう…。ウチは進学校に行く気はないですが、中堅の学校には行きたいので、必死ですよ。」

咲「中学選びって大事ですよね~。中学は公立と私立では明らかに差がありますからね~。」

玲実「中学受験って「親の受験」や「金持ちの行く子」のイメージが強いけど。」

咲「確かにあるけど、今は普通のサラリーマンの家庭でも中学受験をする子は多いよ。中学受験は親が決めることは確かに多いけど、自分から中学受験を希望した子もいるし、「親の受験」「金持ちの行く子」は今は死語に近いですね。むしろ小学校受験の方がそのイメージが強いですね。」

苺「確かにそう!うちの学校は付属の小学校があるので、中学や高校からの外部生と小学校からの内部生とのキャラが全然違うの!中学や高校からの外部生はごく普通の中学生や高校生だけど、小学校からの内部生は超お坊ちゃま&お嬢様が多い!!ふだんからの金銭感覚も違うし、レジャーもすごいいいところに行くし、本当に「いいとこの子」って感じで。ウチは友達とかも外部生の子が中心ですよ。」

咲「うちの学校は全員が都内や関東圏の公立小学校から通うので、お嬢様的な子はいないですね。みんな勉強ができる子ばかりが集まっているので(ワラ)。」

玲実「うちの学校は「南高小学校」と「桜桃小学校」から来た子がほとんど。公立だから自動的にその学校へ行くのが当然なんだけど。」

咲「学校によっていろいろなキャラがありますね~。ところで、友達ですが、学校の友達は何人いますか?同じ学校に通う「梅の実」メンバーたちとは仲がいいですか?まずは玲実。」

玲実「ウチは4人ですね。「梅の実」では亜衣美(中2)とは仲がいいですね。クラスは違うのですが、同じ吹奏楽部に入っているので、一緒に練習をしていますね。」

苺「ウチは3人。「梅の実」では同級生の子はいるのですが、親しい子はいないです。先輩では冴香さん(中3)とは一度だけ会ったことがあります。学校ではなくて、冴香さんが所属するアイドルグループのオーディションで。」

咲「オーディション!?冴香さんとは話したのですか?」

苺「いえ。顔見知りですね。一応オーディションでは落ちました…(T_T) 他のグループのオーディションも受けましたが、ことごとく落ちましたね…(T_T)」

玲実「ま、アイドルのオーディションって競争率が高いですからね~。咲は?」

咲「ウチも3人。「梅の実」では同級生の子はいないですが、先輩と後輩はいますね。後輩では希恵(中1)で、先輩ではあゆみさん(高3)と高1の新メンバーがいます。」

玲実「「西北中学校」では「梅の実」メンバーは多いですからね。みんな明るい子ばかりで、ノリがいいですね。」

咲「小学校時代は仲がいい子はたくさんいるけど、中学が別々になってからは、あまり会わなくなったけど、たまに会うと懐かしくなりますね。学校は別々になっても友情は変わらなくいきましょう。」

f:id:umenomi-gakuen:20160713180034j:plain

(左から玲実、咲、苺)

 

次はどのメンバーたちが登場するのでしょうか?

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ