読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

親しい男友達(その6)

おしゃべりカフェ(その他) おしゃべりカフェ(その他:仲間のこと)

こんにちは!進次郎(大学2年)です。

今週のおしゃべりカフェは「男友達」・第6弾です。

今日は同じ大学の在学生・卒業生の3人と一緒におしゃべりしたいと思います。

メンバーはオレ・進次郎、汰希(大学2年)、郁雄さん(専門学校1年)です。

 

進次郎「今日は全員大阪メンバーなので、大阪のご当地グルメを紹介します。今日は洋食です。洋食のうち、代表的なものがカレーです。大阪の名物カレーと言えば、「自由軒」です。「自由軒」のカレーはカレーをあらかじめご飯に混ぜ、生卵をのせて食べます。」

大阪難波「自由軒」名物カレー

大阪難波「自由軒」名物カレー

 

進次郎「今回は市販のレトルトで作りました。このカレーにウスターソースをお好みでかけて食べてください。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

汰希「やっぱりうまいですね~。カレーの辛さとご飯と卵がちょうどいいです。」

郁雄「大阪のカレーと言えばこれです!何べん食べても飽きない味です。」

進次郎「ありがとうございます!やっぱり、おいし~(*^。^*)」

 

~カレーを食べ終わったところで、本題です~

進次郎「今日は京都の宇治茶を飲みながらおしゃべりしたいと思います。今日のテーマは「男友達」です。オレたち3人は大阪にある「浪速大学」に在学または卒業しました。オレですが経営学部の2回生(2年生)です。」

汰希「オレは社会学部の2回生です。」

郁雄「オレは経済学部を卒業しました。現在は同じ大阪にある「藤調理師専門学校」で調理師の勉強をしています。」

進次郎「ありがとうございます。郁雄さんは「藤調」に通っているんですね。調理師になろうとしたのはいつですか?」

郁雄「大学在学中ですね。大学に入った当初は就職を考えていましたが、先々の不安を考えて、手に職を付けようと思いました。それで大学卒業と同時に今の専門学校に進学しました。調理師になろうとしたのは大阪は商売の町でもありますし、食いだおれの町でもあります。将来はいろいろな料理を修業してから、飲食店を経営する会社を立ち上げたいと思っています。」

汰希「いいですね。普通に会社で働くよりずっと活き活きしていますね。あと、オレですが、現役の大学生で関西の「デニーズジュニア」に所属をしています。」

進次郎「マジで!?」

郁雄「アイドルになろうとしたきっかけはあるの?」

汰希「中学生の頃からこの世界に入ったので、8年になります。今は中心メンバーなので、関西のテレビ番組に出演したり、たまに東京の仕事にも行きますね。」

進次郎「オレも顔が良ければアイドルになれたのにな(ワラ)。親しい大学の友達ですが、何人いますか?」

郁雄「3人ですね。全員会社に就職をして、忙しい毎日を送っていますね。」

進次郎「オレは4人。オレ自身、もともと東京の出身なので、友達もみんな地方からやってきた子ばかりですよ。」

汰希「オレはあまりいないですね。芸能活動が忙しくて、なかなか大学の友達と交流することがなくて…。」

進次郎「アイドルも大変だよね~。中学とか高校とかはいたの?」

汰希「いましたね。中学生の時はバックダンスが中心で、あまり大きな活動はなかったので、学業との両立はできました。高校は芸能活動が両立できる私立高校に進学したので、だんだん忙しくなりましたね。中学では5人で、高校では3人でした。高校では全員同じ事務所のメンバーです。」

郁雄「オレは中学は2人で、高校では3人でしたね。中学での友達は小学校から一緒だったので、気楽でしたよ。」

進次郎「オレも中学は地元だったので、長い付き合いでしたよ。高校では一番友達が多かったですね。6人くらいですか。でも、本音で話せる友達は限られていましたが。」

郁雄「やっぱりそうだよね。本音で話せる友達はそんなにいないですよ。今の専門学校では同じ志を持った生徒が多いので、一番話しやすいけど。」

汰希「高校までは親近感があるけど、大学となるとそうはいかない。全国から学生が集まるし、友達作りはサークルとかに入らないと結構大変かも。」

進次郎「あと、授業で仲良くなることとかね。まだ2回生なので、ゼミはないけど、ゼミに入ってくるとまた違った出会いがあるからね。」

郁雄「ゼミは友達ができやすいですね。1人の先生に学生が数人単位なので、そこで知り合えるし、わからないことはいろいろ教え合ったりしました。オレですが、当時受講したゼミは「商業経済学」でした。卒論では「大阪の商売と食文化」がテーマで提出して、単位はもらいました。」

汰希「すごいですね。ゼミはまだ決まっていないけど、芸能界のことについて研究してみようかな?」

進次郎「いいじゃない?芸能活動をしている経験を活かせるチャンスだよ!」

汰希「ありがとう。がんばってみる。」

進次郎「とは言っても、オレもまだゼミは決まっていないし。」

郁雄「2回生なんだし、あせらずにゆっくり考えた方がいいよ。」

進次郎「そうですね。また考えます。最後に「梅の実」で知り合った友達はいますか?まずは汰希。」

汰希「同じ17期メンバーで、同じ「デニーズ」のメンバーですね。彼は地元・京都の大学に通っている現役大学生で、オレより1つ下です。一応中心メンバーの一人なので、仕事の時はいろいろ相談し合っていますね。」

郁雄「オレはまだそんなにいないですね。同じ19期メンバーで同い年の男性看護師の子がいますが、チームが違うので、なかなか会う機会がないですね。料理で相談する相手では同い年の丈二郎さん(23歳・料理人)で、料理のことについてはいろいろ相談していますね。しかも1児(弘貴・3歳)の父親っていうのもすごいなって思いますね。」

進次郎「オレは一番仲がいいのがハバナベンガル・♂4歳)ですね。よくオレの家で飲みに行くくらい仲がいいです。あと、相談相手と言えば克さん(27歳・電力会社勤務)ですね。」

f:id:umenomi-gakuen:20161023225040j:plain

(左から汰希、進次郎、郁雄)

 

来週は「阪神学院大学」の在学生・卒業生の女子たちが登場するよ。

「男友達」シリーズはまだまだ続きます。誰が登場するのでしょうか?

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ