読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

懐かしのCM(その25)

f:id:umenomi-gakuen:20170219165343j:plain

こんにちは。靖昭(46歳・高校教師)です。

今日は「懐かしのCM」をお送りします。

 

今月は「日本船舶振興会」をピックアップ!

 

日本船舶振興会はかつてあった財団法人で、現在は「日本財団」という公益財団法人になっています。日本船舶振興会競艇の収益金をもとに、海洋船舶関連事業、福祉事業(高齢者・障がい者(精神障がいは除く)・子ども)、海外支援事業などを行っています。

この日本船舶振興会の当時の会長だったのが笹川良一氏(故人)で、笹川氏はかつては日本の政治家でしたが、晩年に日本船舶振興会の会長に就任し、社会奉仕活動家として活躍しました。

人類みな兄弟

人類みな兄弟

 

 

CMでは笹川氏自ら出演し、子どもや若者に対する礼儀やマナーを訴えるものや、アフリカの飢餓救済問題、高齢者福祉などを訴えました。

特に印象に残っているのは「火の用心編」で、笹川氏と高見山関(現:東関親方)、作曲家の山本直純氏(故人)、チンパンジー2匹、一般の子どもたちが出演し、チンパンジー以外の出演者が火の用心を呼びかけ、曜日ごとにチンパンジーと子どもたちが掃除をしたり、木の苗を植えるなどをして、礼儀やマナーを訴えました。

曜日別では日曜日が親に肩たたき、月曜日が掃除、火曜日がたばこの始末(チンパンジーの1匹がたばこを吸うシーンがありました(!))、水曜日が水道の使い方、木曜日が木の苗を植える、金曜日が募金、土曜日が剣道をする設定となっています。

最後に笹川氏とチンパンジー、子どもたちが集まり、笹川氏が「○○をしよう」と言い、子どもたちが「一日一善!」と言い、最後にナレーターが「モーターボート競走の収益金は防犯・防火のために役立てられています。」と言って、拍子木の音で締めます。

笹川氏が最後に「○○をしよう」は、日曜日が「親を大切にしよう」、月曜日が「町をきれいにしよう」、火曜日が「火遊びはやめよう」、水曜日が「水を大切にしよう」、木曜日が「資源を守ろう」、金曜日が「物を大切にしよう」、土曜日が「体を鍛えよう」と訴えています。最後のフリップは「戸じまり用心・火の用心 日本船舶振興会」となっています。日本船舶振興会のところは笹川氏がかつて会長を務めた「日本防火協会(現:日本防火・防災協会)」の名義のところがあります。火の用心のCMでは「火の用心の歌」が流れ、作曲はこのCMに出演した山本氏が担当。少年少女合唱団が歌いました。

他のCMでは笹川氏と子どもたちがジョギングをし、子どもたちのグループが「礼儀正しくしよう」「お父さんお母さんを大切にしよう」と訴えたり、笹川氏がアフリカを訪問し、現地の子どもたちとともにふれあい、アフリカの飢餓救済を訴えたり、海洋船舶や青少年の体力作りなどを訴えました。

90年代に入り、笹川氏の露出は少なく、アニメで「戸じまり用心・火の用心」を訴えるCMや高齢者や海外の盲学校をクローズアップするCMが中心となりました。

 

1995年に笹川氏が死去し、作家で財団の非常勤理事だった曽野綾子さんが2代目会長に就任しましたが、2005年に笹川氏の三男の笹川陽平氏が3代目会長に就任し、現在に至っています。2011年に現在の「日本財団」となり、父親の良一氏が行った事業は継続しつつも、ハンセン病の世界制圧と差別撤廃と人権回復、ミャンマー政府と少数民族武装勢力との和解の実現などを行いました。

 

そして、「日本財団」としてのCMですが、財団の活動のPRや「子どもサポートプロジェクト」のPRのCMが中心となっています。

 

笹川氏自らCMに出演することで、人間としてのマナーや礼儀を知り、海外の問題についても知ることができました。笹川氏の「日本船舶振興会」のCMはマナーを忘れかけた、現代の子ども・若者・大人たちに広げなければなりません。

こうした笹川氏が行った功績はのちの息子に引き継がれています。改めて笹川氏のご冥福を心よりお祈りいたします。

 

日本財団の活動についてはホームページをご覧ください。

日本財団ホームページ:http://www.nippon-foundation.or.jp/

 

次はどのCMを紹介するのでしょうか?次回もお楽しみに。

 

というわけで、靖昭でした。

また明日。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ