読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

人気の小説・エッセイ(その6)

f:id:umenomi-gakuen:20170118164226j:plain

ゴデー(こんにちは)!マルグレーテ(36歳)です。

今日は「人気の小説・エッセイ」をお送りします。

 

今月は「アンデルセン」をピックアップ!

 

アンデルセンは正式名称はハンス・クリスチャン・アンデルセンで、デンマーク出身の童話作家、詩人です。

1805年にデンマークで生まれ、1835年に作家としてデビューしました。その後は多くの作品を残し、1875年にこの世を去りました。

今日はすべてではありませんが、アンデルセンが残した作品を紹介します。

即興詩人

即興詩人

 

まずは「即興詩人」です。1835年に出版された小説で、デビュー作です。発売当時はかなりの反響を呼び、ヨーロッパ各国で翻訳出版されましたが、現在は日本以外では顧みる者はいないそうです。日本では森 鴎外が翻訳されたものが出版されています。

はだかの王さま

はだかの王さま

 

次は「裸の王様」です。1837年に発表された童話で、世界各国ではおなじみの作品です。

みにくいあひるの子 (アンデルセンの絵本)

みにくいあひるの子 (アンデルセンの絵本)

 

次は「みにくいアヒルの子」です。1843年に発表された童話で、こちらも世界ではおなじみ。みにくいアヒルの子はアヒルの群れの中で他のアヒルとは異なる雛が誕生し、周りのアヒルらにいじめられて、生きる希望を失った雛はやがて白鳥であることに気づき、仲間の白鳥と一緒になる物語。泣けてきます。

雪だるま (あなたの知らないアンデルセン)

雪だるま (あなたの知らないアンデルセン)

 

最後は「雪だるま」です。1861年に発表された童話で、意外ですが、あまり知られていない作品です。

アンデルセンの死後から100年以上がたちましたが、現在でも子どもから大人まで語り継がれる作品ばかりです。

 

次はどの作家さんの作品を紹介するのでしょうか?次回は5月にお送りします。

 

というわけで、マルグレーテでした。

ファヴェル(さよなら)。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ