梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

「妹を返して!!」

*前回の記事はこちら!→https://umenomi-gakuen.hatenablog.com/entry/2023/01/28/210000

晴奈(高2)です。

お母さん(理緒子・42歳・学芸員)のせいで、妹の美歩がコロナに感染し、その後容体が急変して亡くなった。13歳の若さだった。

妹が亡くなってから1週間後にお母さんが帰ってきた。妹の遺骨を持って。

 

日向生(45歳・新聞社勤務)「大丈夫か?」

理緒子「…。」

お母さんが妹の遺骨を床に置き、自分も床にへたって泣きだした。

日向生「ちょっと休もうか。」

 

”バシッ!!!”

 

理緒子「何するの!?」

晴奈「あんたのせいで美歩が殺されたんだ!!美歩を返して!!」

理緒子「何言ってるの…。美歩を私の実家に帰省させたのがよかったの。」

晴奈「あんたが美歩を連れて実家に帰省したせいで、美歩が殺されたの!!」

理緒子「お母さんのせいにしないで!!」

裕馬(中3)「じゃあ、何で美歩を帰省させたの?意図的にコロナに感染して殺したんじゃない?」

日向生「お前ら、いい加減にしろ!!」

晴奈「じゃあ、お父さんはこいつの味方なの!?」

日向生「それは…。」

晴奈「こいつは美歩を殺したんだ!!顔も見たくもない!!出ていけ!!!!」

裕馬「姉ちゃん…。」

私は妹の遺骨を抱きかかえて泣いた。

お母さんは自分の部屋に閉じこもった。

 

このあとは妹の葬儀があるため、しばらくは学校を休んだが、終わってからは私とお母さんは対立した。

 

妹がコロナで亡くなったことで、「梅の実」メンバーにも広がり、また子どもと大人の対立が始まった。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆ランキング


イラストランキング

 

アンダークラブ大反省会(第22回)

こんにちは!真美(高1)です。

今年最初の「アンダークラブ大反省会」は「高知」です。

「梅の実」メンバーからはウチ・真美。

アンダークラブメンバーからは夏渡(中3)、舞実(中2)、祈跡(小6)、霞(高1)、敏貴さん(23歳・看護師)です。

 

~ここからはオンラインチャットによる会話です~

真美「こないだはお疲れ様でした。」

アンダークラブメンバーたち「お疲れ様です。」

真美「どうでしたか?「梅の実」メンバーとのご対面は。」

夏渡「緊張しました。」

舞実「楽しかったです。」

敏貴「対戦相手の方が東京の「慶明大学病院」の看護師の方だったので、どうなるかと思いましたが、勝ててよかったです。でも、仕事の方ではいろいろと情報交換をしたいと思いまして、向こうのキャプテンの方を経由して連絡を取ることができましたので、お互いの連絡先の交換をしました。お互いコロナで大変ですが、とりあえずリモートで会ってみたいと思います。」

真美「同業者の方と仕事で意見交換をするのはいいですよね。では、初めての方もいると思いますので、自己紹介をお願いします。」

夏渡「はい、夏渡(なつと)と言います。学校は地元にある「高知明徳中学校」に通っています。進学コースの3年生で、受験生ではありません。」

舞実「舞実です。私も「高知明徳中学校」に通っています。進学コースの2年生です。」

真美「同じ学校なんですね。学校では先輩後輩ですか?」

夏渡「そうです。ぼくが先輩になります。」

舞実「目の前に先輩がいるので緊張していますが、ふだんはすごく優しい方です。学校はもともと男子校だったせいか、女子がめちゃくちゃ少ないです。クラスでは男女比が8:2で、半分男子校の状態です(ワラ)。」

真美「その中で好きな人とかはいるの?」

舞実「いないですよ~。男子はみんなまじめで、スポーツで入っている子は汗臭いイメージなので、なかなか彼氏はできないです。」

真美「うちのメンバーで基幸(中2)っていう子が「高知明徳」に通っているんだけど、知っているかな?」

夏渡「いや、ぼくは全然知らないです。」

舞実「確か知ってたような。メガネをかけた子ですよね。クラスは違うけど、しゃべったことがないです。」

真美「そうなんだ。」

夏渡「あと、高知のアンダークラブではキャプテンをしています。学級委員になったことがないし、がけっぷちで中学受験に合格した自分がまさかキャプテンになるなんて思ってもみなかったですね。でも、他のメンバーに助けながらなんとかやっています。」

霞「霞(かすみ)です。地元にある「県立土佐高校(注:実在する私立の「土佐高校高知県)」とは一切関係ありません)」に通っています。1年生で、高知のアンダークラブでは副キャプテンをしています。」

真美「霞とは同い年なんですよね~。「土佐高校」って進学校だよね。」

霞「そうですね。もともと行きたかった学校だったので、中学時代はめちゃくちゃ勉強しましたよ。今は大学進学に向けてがんばっています。」

祈跡「祈跡(きせき)と言います。学校は地元にある「市立高知第一小学校」に通っています。6年生です。」

真美「ちょっと体が小さいよね。」

祈跡「お母さんの話では未熟児で生まれたので、すぐに病院の保育器で治療を受けてたそうです。一時期は命が危なかったのですが、無事に元気になって、それで名前も奇跡的に生きてくれたからってことで、「祈跡」とつけられました。」

真美「本当に大変だったね。うちも兄(敦志・大学1年)が病気で肝移植を受けたので、境遇は違うけど気持ちはわかります。肝移植を受けたのは京都の大学病院だったけど、もともと小さいときにお世話になったのが、敏貴さんの勤務先の病院だったので。」

敏貴「そうなんですか!?」

真美「そうなんです。で、祈跡は今は健康には問題はないの?」

祈跡「未熟児だった以外は全然元気ですね。特に大きな病気もしてないですし。」

敏貴「はい、敏貴と言います。職場ですが、「四国大学医学部附属病院」に勤務しています。仕事はICUの看護師をしています。」

真美「ICUってことは、コロナの患者を診ているんですか?」

敏貴「そうです。8割がコロナで、2割がそれ以外の病気とケガですね。コロナ患者はデルタまでは高齢者を中心とした大人が多かったのですが、オミクロンになってからは子どものコロナ患者が増えてきました。病院自体が小児のPICU(小児集中治療室)がないので、ICUでは大人・子ども関係なく、コロナ患者を受け入れています。」

真美「コロナ患者の看護は大変ですかね。」

敏貴「ホント大変ですよ!コロナ患者の看護の時は防護服の着用をしなければならないし、亡くなったときは遺体を納体袋に入れて、葬儀屋に火葬してもらわなければならないので、普通の病気で亡くなるケースに比べてご家族が最期を看取れない現実があります。私生活では普通に旅行やレジャーには行けないですし、医者や看護師の何人かは家族と離れて生活をしています。自分たち医療従事者が外で好きなことを犠牲にしてまで毎日仕事をしているのに、政府や他の国民が好き勝手に旅行やレジャーに行って楽しんでいるのは何かムカつきますね。お前らのせいでコロナ患者が増えて、うちらにしわ寄せがくるわけですから。」

夏渡「敏貴さんだけでなく、他のアンダークラブの医療従事者の方もみんな仕事のために好きなことを犠牲にしています。ぼくらもワクチン接種や基本的な感染対策をすることで、医療従事者の方の負担をなくしていかなければならないです。政府や自治体、国民が間違った感染対策をしていることで、感染者を増やしていることを理解すべきだと思います。」

真美「…そうですね。「梅の実」ではコロナでバラバラになっているので、何とかしなければと思います。話は変わって、アドバイザーなどを教えてください。」

夏渡「キャプテンはぼく、副キャプテンは霞さんの2人体制ですが、アドバイザーは倖子さん(30歳・看護師)で、敏貴さんと同じ病院で看護師をしています。副アドバイザーは昭邦さん(25歳・大学職員)で、地元の「四国大学(注:実在する「四国大学徳島県)」とは一切関係ありません)」の職員をしています。」

真美「メンバーたちを教えてください。」

夏渡「全員が地元・高知の学校・職場に属しています。社会人では会社員や公務員もいますが、ツアーコンダクターや看護師、理学療法士臨床心理士、小学校の先生をしている方もいます。ちなみに「高知明徳中学校・高校」は男女共学の中高一貫校で、有名大学進学者を輩出していますが、野球や柔道、相撲の強豪校でもあります。中学ではぼくと舞実のほかに、准平、啓馬(以上、中1)、純乃(中3)の5人です。高校では利来くん、万郷くん(以上、高1)、柔くん、道代さん、叶子さん(以上、高2)の5人です。あと、美紗さん(25歳・学校職員)がうちの学校の事務職員をしています。」

祈跡「「高知第一小学校」ではぼくのほかに、斗海(小5)がいます。斗海は吹奏楽クラブでトランペットをやっていて、演奏もすごく上手です。」

敏貴「「四国大学附属病院」では、看護師はぼくと倖子さんと愛祐美さん(24歳・看護師)の3人です。ほかにも勝雄さん(30歳・理学療法士)が理学療法士、沙恵子さん(30歳・臨床心理士)が臨床心理士、咲和子さん(26歳・飲食店アルバイト)が病院内にあるレストランでアルバイトをしています。「四国大学」では職員は昭邦さんだけですが、学生は清春(大学1年)、敦也、友希(以上、大学2年)、裕雅(大学4年)、里菜子(大学3年)、真佑那(大学院1年)の6人です。その中で友希は同じ学部の後輩で、先輩として看護師の仕事や国家試験について教えています。真佑那は学部は違いますが、大学時代の同級生でもあります。また、系列の「四国大学附属高校」では只志(高1)がいます。」

真美「最後にアピールをお願いします。」

夏渡「高知のアンダークラブは55人いますが、四国のアンダークラブ4チームの中では一番人数が多く、それぞれ個性があっておもしろい方がたくさんいます。コロナの感染状況を見計らいながら、必要最低人数で集まって活動したり、リモートでの活動を中心にやっています。他にもたくさんのメンバーたちが登場するので、よろしくお願いします。」

真美「今日はありがとうございましたm(__)m」

アンダークラブメンバーたち「ありがとうございましたm(__)m」

 

今日は高知からお送りしました。

 

以上、「アンダークラブ大反省会」をお送りしました。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆ランキング


イラストランキング

 

妹が…。

*前回の記事はこちら!→https://umenomi-gakuen.hatenablog.com/entry/2023/01/05/180000

こんばんは。晴奈(高2)です。

お母さん(理緒子・42歳・学芸員)が妹(美歩・中1)を連れて母方の実家に帰り、親戚で集まってワイワイやっていた。

妹のメモで、妹が母方の実家に帰った理由が「お母さんを喜ばす」ことだった。

 

しかし、恐れていたことが起こった。

 

ニュースで「親族で集まってコロナ感染」の事件があった。

しかも、母方の実家の地域と同じ地域だった。

 

お父さん(日向生・45歳・新聞社勤務)がお母さんに電話確認したが、やはり…だった。

感染源は親族の子どもで、その子どもはかぜ気味のような状態で家族とともに母方の実家に帰っていたことがわかり、その家族は子どもにPCR検査はしていなかった。

それが親族に感染する事態となってしまった。

 

お父さんに話を聞くと、妹がコロナに感染した。お母さんもコロナに感染したが、無症状だった。

お母さんは「美歩はただのかぜだったから大丈夫。ワクチンしなくてよかった。」と言った。

この時の妹は症状があったものの、軽症だった。

 

しかし、おじいちゃんから連絡があり、妹の容体が急変した。

最初の時は熱などのかぜ症状だったが、夜中にけいれんを起こし、すぐに救急搬送された。

お母さんが「美歩を連れてっちゃダメ!!」って言い、私も一緒にと言ったが、お母さん自体もコロナに感染しているため、誰も付き添うことができなかった。

搬送先の病院からは実家に電話連絡をして容体を報告した。お母さんたちは連絡を待つ以外なかった。

私たちは妹の回復を願う以外なかった。

 

しかし、妹はコロナ感染から4日後に亡くなった…。13歳の若さだった。

死因は「新型コロナウイルス感染症による急性脳症」だった。けいれんの後に意識不明の重体になり、その後容体が急変して、亡くなった。しかも、大量吐血をしたことが分かった。

 

妹の遺体は24時間以内に火葬され、遺骨が母方の実家の元に送られた。

家族で妹を看取ることができなかった。

 

 

小さいときに病気で闘病生活を送り、後遺症で普通の中1よりも体が小さく、小4以下くらいの身長だった。

妹の体のことを注意しなければならないのに、お母さんのせいで殺された。

 

やがて「梅の実」メンバーに広まり、お母さんを非難することになった。

私も妹を殺したお母さんを絶対に許せない!!

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆ランキング


イラストランキング

 

大したことないじゃん!

*前回の記事はこちら!→https://umenomi-gakuen.hatenablog.com/entry/2023/01/19/160000

こんにちは。沙由美(中2)です。

「梅の実」では子どもメンバーを中心にコロナ感染者が急増し、完全に「梅の実」クラスターとなった。

 

数日後、コロナに感染した舞奈(中2)とオンラインチャットで会った。

 

~ここからはオンラインチャットによる会話です~

舞奈「久しぶり!」

沙由美「久しぶり!大丈夫なの?」

舞奈「うん、全然大丈夫。コロナって、大したことないじゃん!」

沙由美「そうだね。本当にコロナはかぜだったね。」

舞奈「そうだよ。伸子さん(36歳・スーパーパート)の言った通り、ワクチンを打たなくても基本的な感染対策をしていれば大丈夫だった。ホントよかった。」

沙由美「よかった元気で。」

 

 

しかし、現実は甘くなかった。

 

このあと舞奈たちが大きな後遺症に見舞われることになるとは、ウチらは知る由もなかった。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆ランキング


イラストランキング

 

カイル(海外支部・エチオピア)

テナ・イストゥリン(こんにちは)!マット(17歳)です。

今回のプロログはこの方です!

>テナ・イストゥリン!カイル(16歳)です。

今日はエチオピアメンバーで、アフリカグループリーダー代理兼東アフリカエリアキャプテンのカイルです。ちなみにぼくの弟です。よろしくお願いしますm(__)m

>よろしくお願いしますm(__)m(カイル)

 

まずは星座と血液型を教えてください。

>ふたご座のB型です。(カイル)

通っている学校を教えてください。

>地元にある公立の中等学校に通っています。(カイル)

ちなみにぼくも同じ学校です。

卒業した学校は地元でしょうか?

>はい。地元の公立の小学校を卒業しました。(カイル)

ぼくも同じ学校でした。ちなみにエチオピアの学校制度は小学校が8年制(日本では義務教育学校の1年(小1)~8年(中2))、中等学校が4年制(日本では中3~高3)で、義務教育は小学校のみです。しかし、義務教育は形だけで、子どもが学校に行く義務はなく、行かなくても罰則はありません。

趣味と特技を教えてください。

>趣味は音楽鑑賞、特技は走ることです。(カイル)

走るのは毎日でしょうか?

>はい。いつも家から学校まで毎日ランニングをしています。都会のように平坦な場所ではなく、坂道がある高地を走っています。これがきっかけで陸上をやっています。専門は長距離です。(カイル)

好きなアーティストを教えてください。

>ラテン系の音楽が好きですね。(カイル)

好きな食べ物と嫌いな食べ物を教えてください。

>好きな食べ物は豆の煮込み、嫌いな食べ物はありません。(カイル)

好きな教科と嫌いな教科を教えてください。

>好きな教科は体育、嫌いな教科は数学です。(カイル)

性格や特徴を教えてください。

>明るくて活発なところです。(カイル)

家族構成を教えてください。

>両親(デリバ・46歳&ファツマ・45歳)と兄のマットの4人家族です。お父さん(デリバ)はぼくたちきょうだいが通う学校の教師をしています。元陸上選手で、陸上を教えています。お母さん(ファツマ)は専業主婦で、かつては栄養士をしていました。(カイル)

「梅の実」メンバーで仲がいい人はいますか?

>特にいないです。(カイル)

最後にアピールをお願いします。

>明るく元気にがんばりたいです。将来は陸上選手を目指しています。(カイル)

今日はありがとうございましたm(__)m

>ありがとうございましたm(__)m(カイル)

 

今回はカイルを紹介しました。

次回は誰が登場するのでしょうか?

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆ランキング


イラストランキング

 

「梅の実」クラスター

こんにちは。沙由美(中2)です。

こないだのオンラインチャットで、「梅の実」メンバーとアンダークラブメンバーが対立した。

コロナ感染が拡大している中、ワクチンを推進するアンダークラブメンバーとワクチンに懐疑的な「梅の実」メンバーとの意見が食い違っていた。

 

しかし、アンダークラブメンバーの予想は見事に的中した。

 

1月に入り、学校も始まりだしたが、コロナのオミクロン株がこれまでよりも感染力が高く、学校を中心に感染者が急増した。

「梅の実」メンバーも子どもメンバーを中心に感染者が増えて、自宅療養するメンバーが後を絶たなかった。

症状もかぜのような症状もあれば、無症状もいた。

 

多くが学校でのクラスターで、幸一(小5)親子や舞奈(中2)など、ワクチン未接種者に集中した。

ワクチン接種を受けたメンバーも感染したけど、ほとんどが軽く済んでいる。

 

ウチは感染しなかったけど、うちの学校でも何人かの生徒が感染しているため、学校に行くのが怖くなった。

 

本当にどうしたらいいの!?

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆ランキング


イラストランキング

 

ワクチンは打ちたくない!!

*前回の記事はこちら!→https://umenomi-gakuen.hatenablog.com/entry/2023/01/12/180000

 

~前回の続きです~

伸子(36歳・スーパーパート)「何を言ってるの!?私は子どもにワクチンを勧めること自体が問題なの!!」

英渡(中2)「じゃあ聞くけど、あなたの子どもさんはワクチンを打ったのですか?」

伸子「私は自分の子どもたち(幸一・小5&花・6歳)にはワクチンは一切打っていない、いや、打たせないです!!あんな怖いもの、子どもに打たせるわけにはいかない!!」

涼斗(高1)「じゃあ何のワクチンがいいのですか?」

伸子「不活化ワクチンを希望している!!不活化ワクチンの方が安全だから!!」

アンダークラブメンバーたち「不活化ね…(失笑)。」

伸子「何がおかしいのよ!!」

瑞喜(中1)「だったら中国へ行けよ。あそこだったら不活化ワクチンがあるんだし。」

宙晃(高1)「不活化ワクチンは日本でも開発が進んでいるんだけど、製品化されるには2年か3年以上は必要ですよ。しかも不活化ワクチンはコロナには全く効果がないという臨床結果が出ているんですよ。」

聖蝶(高1)「中国のワクチンってあまり効果がないって中国のメンバーが言っているし。不活化ワクチン打つんだったら、組み換えたんぱくワクチンの方がまだましだと思うけど。」

涼斗「ある記事にはこんなことが書かれているんだ。」

中国では多くの人々がワクチン接種の臨床試験に参加しているが、「接種後に深刻な副反応に苦しみ、病院で治療を受けている」との噂が後を絶たない。ワクチン接種後の副反応で最も懸念されているのは「ADE(抗体依存性感染増強現象)」である。ワクチン接種によりつくられた抗体がウイルスの細胞への侵入を防ぐのではなく、逆に細胞への侵入を助長する現象のことである。ADEが生じれば重症化するリスクが高くなる。

新型コロナウイルスと遺伝子情報がほぼ同じであるSARSウイルスの不活化ワクチン開発の際にADEが生じたことから、「新型コロナウイルスの不活化ワクチンでも同様の問題が起きる」ことを懸念する専門家は少なくない。

昨年11月と12月の2回にわたり妻とともに中国産ワクチンを接種した金融機関の代表は前出毎日新聞のインタビューに対して「新型コロナウイルスに感染したら自己管理の甘さを示すことになり、企業経営者としては到底許されない。自分の順番がいつ来るかわからないことから、法に違反するかもしれないが、ワクチンを接種することにした」とその理由を述べたが、新型コロナウイルスワクチンは「重症化防止」には効果があっても、「感染防止」にはつながらないとの見解が一般的である。中国産ワクチンの接種は、「感染防止」に役立たないばかりか、ADEのリスクに曝されるという極めて危険なものであり、「百害あって一利なし」である。

 

(出典:未承認の中国製コロナワクチン、日本で流通か…感染防止効果に疑問、深刻な副反応の報告(経済産業研究所)(2022年10月28日参照)

https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/fuji-kazuhiko/217.html

理(高2)「じゃあ、不活化はダメってことかよ。」

涼斗「そういうことです。2年も3年も不活化を待つよりも、今あるmRNAワクチンとサブユニットワクチン(組み換えたんぱくワクチン)のいずれかを打つ方が早いです。あ、小学生までの子どもはサブユニットはまだだっけ。」

伸子「それでも不活化ワクチンを待ちます!!あんな怖いワクチン、死んでも打ちたくない!!子どもにも打たせたくない!!」

舞奈(中2)「コロナワクチンって、子どもが死んだ子や後遺症が残っている子もいるじゃない!!ワクチン後遺症という病気もあるんだし。」

聖蝶「何言っているの?ワクチン後遺症なんてないし。あんなの反ワクチン派の医者が勝手につけた病名だよ。しかもきちんとした検査もせずに問診で判断しているんだし。」

宙晃「あれはもともとの病気が悪化したってこと。あるいはたまたまワクチンを打ったことで、別の病気を起こしたやつだよ。すでにワクチン後に亡くなった原因が、元の病気を起こす重大な欠陥があったケースも出ているんだ。」

舞奈「でも、コロナワクチンで自衛隊400人が死んだんだよ!!」

英渡「そんなのフェイクだよ。ワクチンで自衛隊400人が死んだなんてありえないだろ!」

涼斗「あのニュースもファクトチェックでフェイクであることが明らかになっているよ。そもそもワクチンで大量に人が死んでたら、最初から製品化しないって。」

伸子「あんたたちさ、人を脅すのをいい加減にしなさいよ!!あんたたちの親を呼んで!!」

涼斗「別に親に言うことじゃないし。」

英渡「こっちはきちんとした科学的根拠を調べてきているわけだから、何も調べもしないのに、勝手にワクチンは打たないって言ってるじゃねーよ!!」

伸子「ま~!!大人に向かってその口の利き方は何なの!?あんたたちのところの大人たちを呼びなさいよ!!」

瑞喜「オレらのこと、悪い大人に洗脳されてるとでも言ってるの?」

沙由美(中2)「何でそんなことを…。」

涼斗「あとさ、その長い髪の子、体質の理由とか言ってるけど、本当は親に洗脳されてるんじゃないの?」

舞奈「何を言っているの?ウチは親から「舞奈ちゃんは体質の理由でワクチンはダメだから、受けたらダメよ。」って言われたの。」

英渡「じゃあその証拠を見せて。血液の病気だとか、ワクチンの成分のアレルギーだとか。」

舞奈「ウチは親から体質の問題って言われたの。それだけ。」

聖蝶「それじゃ理由にならないんだけど。」

涼斗「こいつさ、親に洗脳されてるよ。反ワクの親にね。」

沙由美「あんたたちやめて!!」

舞奈「ウチは体質の理由でワクチンが受けられないの!!これ以上、ウチのこと関わらないで!!親の悪口も言わないで!!あんたたちの指図は受けたくない!!ワクチンは打ちたくない!!」

英渡「受けないんだったらどうぞご勝手に。でもさ、ワクチンを受けてない状態でコロナに感染してみろよ!そのうち痛い目見るよ!!」

瑞喜「お前ら子どもメンバーみんな反ワクだよな。だから「梅の実」はダメなんだよ!!おい!お前ら、帰るぞ!!」

(瑞喜たち5人が画面から消えていく)

明(高2)「あ!あいつら、消えやがった!!」

伸子「あなたたち、ワクチンは打たなくていいから、きちんと感染対策すれば大丈夫だから。」

舞奈「…うん…。」

 

こうして後味を残したまま瑞喜たちと対立した。

 

 

しかし、英渡や涼斗くんたちの予想は見事に的中した。

 

このあと「梅の実」メンバーの多くがコロナに大量感染するとは、メンバーたちは知る由もなかった。

 

*参考サイト*

未承認の中国製コロナワクチン、日本で流通か…感染防止効果に疑問、深刻な副反応の報告(経済産業研究所):https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/fuji-kazuhiko/217.html

自衛隊員400人がコロナワクチン接種後に死亡した」は誤り。防衛省SNSで拡散の情報を否定(YAHOO!ニュース):https://news.yahoo.co.jp/articles/baa443826e4c0bd4d0378090dcd4bb8e2f347a10

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆ランキング


イラストランキング