読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

こだわりのファッションは?

おしゃべりカフェ(トレンド) おしゃべりカフェ(トレンド:ファッション・美容)

こんにちは。せいら(高2)です。

今週のおしゃべりカフェは「こだわりのファッション」です。

ファッションは小さい子から年配者まで誰もが楽しむファッション。おしゃれに年齢は関係ありません。

今日はおしゃれ大好きな3人のメンバーたちとおしゃべりしたいと思います。

メンバーはウチ・せいらと瑞穂(小6)、初登場の愛希子さん(大学2年)です。

 

せいら「今日の「梅の実弁当」です。献立はご飯(梅干しつき)、焼き魚(鮭。キャベツのせん切りつき)、筑前煮、コールスロー、漬物(桜漬け)、果物(デラウェア)です。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

愛希子「おいしいです!あっさりとした味で、大好きですね。」

せいら「よかった~。ウチも大好きな味です。おいしいです。」

瑞穂「やっぱりおいし~。」

 

~お弁当を食べ終わったところで、本題です~

せいら「今日は麦茶を飲みながらおしゃべりしたいと思います。まずは今日のファッションを紹介したいと思います。まずは瑞穂。」

瑞穂「私はピンクのTシャツにチェックのショートパンツ、黒のニーハイソックス、赤のパンプスです。」

せいら「かわいいね。すごく元気な印象で。次は愛希子さん。」

愛希子「私はピンクパープルのニットに黒のフレアースカート、黒のパンプスで着こなしてみました。」

せいら「女性らしくてよく似合いますね~。ウチですが、ミントグリーンのストライプのブラウスにバギーデニム、紺のサスペンダーでコーディネートしました。靴は白のスニーカーで。」

瑞穂「ボーイッシュでかわいいね。愛希子さんもOLが着るようなエレガントなコーディネートでかわいいです。」

愛希子「ありがとう!」

せいら「どれもいいですね。次は学校とプライベートのファッションはどんなコーディネートをしますか?」

愛希子「私は大学生なので、大学では私服です。共学の大学に通っていますが、フェミニン系からカジュアル系までいろいろなファッションをする女子学生たちがいます。私の場合はフェミニン系のファッションが多いです。学校のときもプライベートのときも一緒ですね。ただ、派手にならないように心がけています。」

せいら「女子大生のファッションはすごくあこがれていて、いつもお手本にしています。ウチですが、プライベートではフェミニン系、カジュアル系といろいろです。フェミニンとカジュアルを混ぜた甘辛MIXが得意です。学校では制服で、スカーフのないセーラー服です。」

瑞穂「スカーフのないセーラー服もあるんだ。あ、私ですが、プライベートではカジュアル、フェミニンのミックス系が多いです。まだ彼氏はいませんが、女子同士のごはん会やショッピングのときはカジュアル系、プチフォーマルのときはフェミニン系が多いです。小学生なので学校では私服ですが、「子どもらしい」ダサいファッションでないとダメなんです!」

せいら「小学生は一部を除き、制服はないけど、学校にとっては子どもらしいファッションでないとにらまれるんだよね~。私も小学生の時はそうだった。」

瑞穂「わかります?何で学校はみんなファッションセンスがないのかが悲しくなる。進学する予定の公立中学は制服がありますが、リボンなどがないブレザーで、めちゃくちゃダサいです!!校則もあるので、服装も細かいし、ダサい!!」

せいら「ウチは中学から今の学校に通っているので、今の制服は入学してからずっと同じです。ウチが通う予定だった地元の公立中学ですが、ブレザーとチェック柄のスカート、リボンと紺のハイソックスで、進学するのは公立も私立もどちらもよかった。でも親が私立を希望していたのと、おしゃれに制服を着こなしたいのもあって、今の学校を選んだんだけど。」

愛希子「私も私立中高一貫の女子校出身です。中高時代に着た制服ですが、ワンピース型の制服で、50年以上の伝統のある制服です。私自身もすごく気に入っていますね。公立に通っていたら、ブルーのブレザーでしたね。」

せいら「瑞穂は私立進学は考えているの?」

瑞穂「まだ考えていないけど、私立を選択すればよかったな~って思うけど、学校の成績があまり良くないので、無理かなって思う(^_^;) 中学校って、学年ごとの校則があるみたいだし、超嫌。」

せいら「ウチが通う学校では学年ごとの校則はないよ。中1~高3までみんな同じ校則です。ただ、中学生と高校生では若干の違いはありますが。」

愛希子「私のところは中1のときはきちんとした制服を着こなしていましたが、中2になってくるとおしゃれに目覚めますね。制服の着こなしやメイク、ヘアスタイルまでそれぞれのおしゃれを楽しんでいました。私が中学生のときは学年ごとの校則はなかったですね。公立中学だけの校則ではないでしょうか?」

せいら「なんか独特の校則だよね。公立中学の校則って。最後にこだわりのファッションはありますか?」

愛希子「今は大学生なので、大人のファッションを目指しています。服自体はこだわりはありませんが、社会人になっても通用する大人のファッションですね。外見のおしゃれだけでなく、内面も磨いていけたらいいですね。」

瑞穂「女子中高生のような元気で明るいファッションですね。ダサいファッションはモチベーションをダウンしてしまうしね。小学生の傍ら、雑誌の専属モデルをしているので、上級ファッションを磨いていきたいです。」

せいら「瑞穂は雑誌の専属モデルをしているんだよね。ウチは逆で雑誌の読者モデルをしています。目標としているのは雑誌に出てくるモデルさんと女優さんがお手本です。」

f:id:umenomi-gakuen:20150709212928j:plain

(左から瑞穂、せいら、愛希子)

 

女子のみなさんは自分らしいファッションをしていきましょう。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ