読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

ぼくの学校自慢

こんにちは!奏(小6)です。

今週のおしゃべりカフェは「学校」です。

ぼくは小学生の傍ら、芸能活動をしています。男性アイドルグループに所属しており、将来はアーティストや俳優を目指しています。

うちの姉2人(遙・高1&梓・中1)が中学から私立に通っており、芸能活動と学校を両立しているので、ぼくも姉と同じように私立を受験する予定です。でも、私立って、芸能活動がOKなところとダメなところがあるので、どこがいいのか迷っています。

今日は3人のメンバーたちと一緒におしゃべりしたいと思います。

メンバーはぼく・奏、修作くん(高1)、颯太さん(24歳・看護師)です。

 

奏「今日は神奈川のご当地グルメを紹介します。神奈川のグルメはいろいろありますが、今回は「しらす丼」です。しらす丼は湘南地域ではおなじみのグルメで、しらすにねぎなどの薬味をのせて食べます。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

修作「神奈川に住んでいますが、しらす丼は初めてです!超うまい!」

颯太「たまに家でも食べます。シンプルな味でうまいです!」

奏「しらすをご飯にのせて食べるのは超新鮮です!やっぱり、おいし~(*^。^*)」

 

しらす丼を食べ終わったところで、本題です~

奏「今日は緑茶を飲みながらおしゃべりしたいと思います。今日のテーマは「学校」で、私立の学校がテーマです。ぼくは地元の公立小学校に通っていますが、お2人はどこの学校に通っているのか卒業していたのかを教えてください。」

修作「ぼくは小学校は地元ですが、中学・高校は都内にある「鳴海学院」に通っており、現在高校1年です。」

颯太「ぼくは中高は同じ都内にある「甲武中学・高校」を卒業しました。大学では「慶明大学」を卒業し、現在は系列の「慶明大学附属病院」で看護師をしています。小学校は地元ですね。」

奏「ありがとうございます!ちなみにうちの姉ですが、下の姉(梓)が「横浜翔英」に通っておりますが、上の姉(遙)が中学が「御殿山学園」で、高校が「聖ソーレ学園」です。上の姉は卒業した中学が芸能活動がダメで退学を宣告されました。本人は高校卒業まで通う意思を持っていましたが、学校側が高校受験のコースに変更させられて、高校受験で芸能活動が可能な今の高校に進学しました。ちなみに中学の系列の高校では芸能活動が可能だそうです。」

修作「中学は芸能活動がダメで、高校は芸能活動がOKってこと?」

奏「はい。」

颯太「極端な学校だね。中高ともに芸能活動がダメな学校は女子校を中心にあるからね。「翔英」はぼくも中学受験で受けたけど、結構勉強が厳しい学校だからね。芸能活動はどうなの?」

奏「「翔英」は芸能活動はOKなんですが、売れっ子になって仕事が忙しくなってくると、他の学校に転校しなければならないって下の姉が言っていました。」

修作「売れっ子だと、「ソーレ」しか選択肢がないよね。」

颯太「あとは通信制高校とかね。定時制はその昔は多かったけど、今は少なくなっているからね。中学も公立に転校しなければならないしね。」

奏「ぼくは公立中学には行きたくないですね。小学校の友達と離ればなれになるのはさみしいですが、公立中学だと高校受験があるし、高校受験のために芸能活動を休止するのは嫌だし。」

颯太「よっぽど芸能界の仕事が好きなんだね。好きな仕事をやっていくのはすごくいいことだと思うよ。多くの仕事では好きでもない仕事がほとんどだからね。」

修作「例えばどんな仕事ですか?」

颯太「男性に多い営業職とか。営業職は人と会って話をするのが好きなのがメリットだけど、何か問題があった時は取引先に頭を下げないといけないし。もしぼくが今の仕事を選ばなかったら、営業職をやっていたと思う。」

奏「颯太さんは看護師と言っていましたが、なぜ看護師を選んだんですか?」

颯太「中3の時に帰りの電車で突然倒れた方がいて、あわてて救急車を呼んだんだけど、どうしたらいいのかわからなくて、たまたま男性の看護師の方が的確な処置をしているのを見て、すごいって思いました。倒れた方は幸い助かったんだけど、あの時あの看護師のようにきちんとした対応ができれば…って思ったのがきっかけ。それで高2の時に看護系の大学に進学したいって宣言したら、親も先生も反対して、「どうせ医療系を目指すんだったら医者を目指したら」って言われたけど、それでも自分の決心が固くて、それで「好きにしろ」って言われたよ。でも、今はこの仕事をして2年目だけど、ようやく親も認めてもらえて、先生も「がんばってるじゃん」って言ってくれるようになりましたね。」

修作「学校からしたら医者の方がいいっていうけど、看護師も大事な仕事だからね。親や学校は偏差値の高い学校しか頭にないしね。」

奏「うちの親は偏差値はあまり意識していないですね。さて、お2人が通っている(いた)中学・高校の自慢について教えてください。芸能活動ができるかについても教えてもらえたら嬉しいです。まずは修作くん。」

修作「はいよ。ぼくが通う「鳴海学院」は中高一貫の男女共学校で、カリキュラム自体は他の私立中高一貫校と変わらないですが、高校では希望者全員「早勢大学」に無試験で進学できる制度があります。また、他の大学を受験する生徒もいるので、他大学受験に対する指導も行っています。卒業生は8割が「早勢大学」に進学しますが、他の大学では「慶明大学」や「同志館大学」などの私立大学や「横浜大学」などの国公立大学の進学者もいます。うちの学校の一番の自慢ですが、生徒会とかはなく、「自治会」という、生徒主体の組織があって、毎日の学校生活は6学年の生徒が決めたりします。しかも中1から参加ができます!」

颯太「マジで?職場の同僚では巧都(23歳・看護師)が中高と「鳴海学院」を卒業していて、めちゃ自由だったって聞いたけど、本当だったんだ。」

奏「「鳴海学院」は上の姉が所属する「東京女子娘」のメンバーのひとりが「鳴海学院」を卒業したんですよ。芸能活動は大丈夫ですか?」

修作「うちの学校はOKです。ぼくと同じ同級生の子で子役をやっていた子がいて、今は女優やモデルをやっていますね。奏が所属する「デニーズジュニア」の子もいるし、他の学年では子役や地下アイドルをやっている子もいます。ただし、芸能活動をやる際は学校の許可が必要です。」

奏「そうなんですか。ありがとうございます!学校生活は自由なんですか?」

修作「制服はもちろんありますし、ヘアスタイルも自由です。ただ、パーマやカラーは禁止なんだけど。学校生活は車等の免許とかはダメですが、それ以外は自由です。各学年の生徒が意見や要望を記入し、それを各学年の自治会の代表の生徒たちが話し合って、その意見や要望の可否が発表されます。その要望が通ることもあれば、ダメだったこともあります。何でもかんでもその要望が通るわけではないので、それは妥協しないといけないですが。あとは学校は第2、第4土曜日は休みですが、他の週の土曜日は学校があります。土曜日の午前中は「土曜講座」があって、各学年が好きな講座を2つ選ぶことができます。中1と中2は好きな講座は1つしか選ぶことができず、あとの1つは必須講座を受けることになります。午後は近隣のお店や病院のボランティアや農作業、勉強の補習や部活動と、自分のやることをします。何もない生徒は家に帰宅をして、家で勉強をしたり、塾や予備校に行ったり、スポーツのクラブで練習をしたりしている子もいます。」

颯太「いいな~。ぼくもその学校にすればよかった。」

奏「学食とかはありますか?」

修作「あります!学食は中学入学または高校入学からすぐに利用ができます。メニュー自体は他の学校と変わらないですが、年に1回に学食メニューコンテストがあり、全校生徒がメニュー開発をして、そのなかから投票で選ばれた生徒のメニューが学食のメニューに登場します!「梅の実」メンバーでは星河(中2)が選ばれました!」

奏「何のメニューなんですか?」

修作「キャベツとにんじんを使った「コールスローメンチカツ」で、たまに日替わり定食のメニューに登場します。味はうまいですよ。部活では運動部、文化部といろいろな部がありますが、その中で女子サッカー部は全国大会に出場する名門です。」

奏「いいですね。ぼくも考えてみようっと。次は颯太さん。」

颯太「はい。ぼくが卒業した「甲武中学・高校」は、中高一貫の男子校です。併設の「甲武大学」があり、7割が「甲武大学」に進学します。3割が国公立大学や他の私立大学に進学します。カリキュラムですが、中学ではコース制はなく、基礎学力の定着に重点を置いています。高校では普通科と理数科があり、中学の生徒はいずれかを選択します。普通科では高2の段階で文系・理系に分かれて授業をします。理数科は数学・理科の科目の割合が多く、実験も多いです。普通科の理系に比べてハイレベルな理数系の授業を行います。」

修作「うちの学校でも同じです。うちの学校は理数科はないですが、6学年を2年ごとに分かれたカリキュラムを組んでいます。高2からは文系・理系に分かれます。うちの学校は高校から入ってくる生徒が30名ほどいるので、高1では中学から入ってきた内部生と高校から入ってきた外部生のカリキュラムは別々にしています。」

颯太「うちの学校も同じ。高校から入ってきた外部生の場合は内部生とは別のカリキュラムを組んでいますね。中3からは普通科のクラスと理数科のクラスに分かれて授業をします。高1からは本格的に普通科か理数科に所属します。部活ではテニス部や陸上部、バスケットボール部吹奏楽部、化学部などがあります。野球部と高校のみの応援部以外は中高合同で活動します。野球部は中学では軟式野球、高校では硬式野球です。」

修作「うちの学校も同じですね。野球部は中学は軟式で、高校は硬式です。サッカー部は男子は中高ともにありますが、女子は高校のみです。他に自慢はありますか?」

颯太「基本的に学校生活は自由な校風ですね。制服はありますが、6年間同じデザインだし、学食も中1から利用ができます。うちの学校では理数系に力を入れているので、数学と理科の各分野の専門教室があります。特に地学教室は大きな天体望遠鏡があり、先生の許可が下りれば自由に見ることができます。男子校なので、女子がいない分気楽に過ごせますし、卒業した今でも同級生たちとよく飲みに行っていますね。「梅の実」メンバーの劉平(24歳・IT関連会社勤務)とは同じ中高時代の同級生で、プライベートでも仲がいいですね。」

奏「卒業してからも同級生たちと仲がいいのはいいですね。あと、芸能活動は可能ですか?」

颯太「基本的に芸能活動は許可証を提出すれば認められます。あまりにも仕事優先とかだと進路変更をさせられることはありますが、学業と芸能活動をうまく両立すれば、学校側も応援してくれます。実際に学業と芸能活動を両立をして、俳優やタレントとして活躍している卒業生もいます。在校生では「デニーズジュニア」に所属している子がいるそうです。」

修作「「デニーズ」は中高一貫の生徒は多いですね。どの学校がいいのかはじっくり考えてから決めてね。」

奏「どちらもルールを守れば芸能活動はOKなんですね。今度親と相談して決めたいと思います。今日はありがとうございましたm(__)m」

f:id:umenomi-gakuen:20170323225444j:plain

(左から修作、奏、颯太)

 

まずは親に相談しないとね。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

懐かしのCM(その26)

f:id:umenomi-gakuen:20170323193011j:plain

こんにちは!和晃(中2)です。

今日は「懐かしのCM」をお送りします。

 

今月は「オロナミンC」をピックアップ!

 

オロナミンCの正式名称は「オロナミンCドリンク」。大塚製薬が発売している炭酸入りの栄養ドリンクです。ビタミンCや必須アミノ酸が含まれた人気の商品です。

オロナミンCのラインナップを紹介します。

オロナミンCドリンク(50本入)

オロナミンCドリンク(50本入)

 

まずはおなじみの「オロナミンC」です。オロナミンCの主力商品です。オロナミンCといえば、このびんですね。

もう一つは「オロナミンC ROYALPOLIS(ロイヤルポリス)」です。オロナミンCローヤルゼリーとプロポリス、はちみつをプラス。体に気を使っている人におすすめです。

 

CMですが、発売当初のキャッチコピーは「元気ハツラツ!」です。2002年からは「元気ハツラツぅ?」となっていましたが、2011年からは再び「元気ハツラツ!」に戻して、現在に至っています。

発売当初のCMの出演者は大村 崑さんで、約10年間CMに出演していました。70年代に放送されたCMでは、大村さんの家族とともに出演(子役らが出演したバージョンもある)し、オロナミンCを使ったドリンクを紹介したCMが話題になりました。ドリンクの内容ですが、牛乳を割って「オロナミンミルク」、ウイスキーを割って「オロナミン割り(ホームページではオロナミンボールという名前である)」、そして極めつけが卵(卵黄)で割って「オロナミンセーキ」(!)というレシピなのがびっくりです!!ぼくはオロナミンCと卵はちょっと…(^_^;)

1976年から2001まで、プロ野球読売ジャイアンツ(巨人)の選手を起用し、練習や試合のシーンが中心です。巨人の選手の主な出演者は中畑 清さん(前DeNA監督。現:野球評論家)、定岡正二さん(現:タレント・野球評論家)、堀内恒夫さん(現:自民党参議院議員)、張本 勲さん(現:野球評論家)、松井秀喜さん(現:米ヤンキースGM特別アドバイザー)らが出演していました。CMの最後には「オロナミンC小さな巨人です!」で締めます。1983年ごろまでは大村さんがちょこっとだけ出演していましたが、それ以降はナレーターがアナウンスするか、「元気ハツラツ!オロナミンC!」で締めていました。

1990年代のCMでは巨人の選手のバージョン以外では、サザンオールスターズ加山雄三さん、木村拓哉さん(当時SMAP)が出演。2002年以降のCMでは、上戸 彩さん、吉本興業の若手芸人のみなさん、関ジャニ∞などが出演しました。

 

そして、現在のCMですが、永山絢斗さん、大杉 漣さんらが出演しています。「ハツラツタワーのある街」のタイトルで、ドラマ仕立てのCMとなっています。

最新のCM情報については大塚製薬のホームページをご覧ください。

大塚製薬(CM)ホームページ:https://www.otsuka.co.jp/adv/

また、オロナミンCを使ったドリンクのレシピについてはこちらです!→http://www.otsuka.co.jp/orc/recipe/

 

次はどのCMが登場するのでしょうか?次回もお楽しみに。

 

というわけで、和晃でした。

バイバ~イ(^_^)/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

5月25日の登場人物

f:id:umenomi-gakuen:20170323183302j:plain

戦士(いさむ・28歳) レストラン ソレイユ((株)ひかりファーム)

山梨県在住。ポン助が経営する農園内のレストランに勤務する料理人。繊細で美しい盛り付けが得意。新一らとは同じ職場の同僚。

 

 

f:id:umenomi-gakuen:20170323183447j:plain

ささ子(さる・♀11歳) エアーズショップ((株)ひかりファーム)

山梨県在住。ポン助が経営する農園内にある売店に勤務する販売員でパート。社内販売で会社の商品を買うほどのファン。たけ男とは実の夫。ひさ男とは実の息子。まさ美とは実の娘。亜樹らとは同じ職場の同僚。

 

 

f:id:umenomi-gakuen:20170323183708j:plain

彰仁(あきひと・32歳) (株)ひかりファーム

山梨県在住。ポン助が経営する農園内の工場に勤務する製造職で、主に商品のジャム作りを担当している。洋楽の音楽が好み。満智子らとは同じ会社の同僚。

 

 

f:id:umenomi-gakuen:20170323183855j:plain

文菜(あやな・23歳) (株)ひかりファーム

山梨県在住。ポン助が経営する農園に勤務するPRで、会社の広報を担当している。会社の通販カタログの企画も行っている。満智子らとは同じ会社の同僚。

 

 

ポン太→6月27日の登場人物

 

ひかりファーム

こんにちは!ポン太(たぬき・♂2歳)です。

今月の「学校・職場・地域丸かじり!」は「梅の実」エリアの「職場」です。

 

今回は「ひかりファーム」を紹介します。

「ひかりファーム」は山梨にあるアミューズメント型農園で、農業体験や飲食、工場見学などができます。

代表取締役はぼくのお父さんであるポン助(たぬき・♂12歳)で、もともとあった農園を改装してオープンしました。

 

ここからは「ひかりファーム」内にある施設を紹介したいと思います。

案内をするのは広報部の文菜さん(23歳・農園関連会社勤務)です。

よろしくお願いします。

>よろしくお願いします。(文菜)

 

まずは農園です。

>この農園ではぶどうを中心に、約30種類の野菜や果物を栽培しています。主に農園内の商品の材料やレストランの食材に使われますが、一部の野菜と果物はお客様で収穫し、購入することができます。(文菜)

広いですね~。甲子園の4倍はあるね。

 

工場にやってきました!

ここでは白装束にしました。

>商品はジャム、パスタソース、ワインなどを製造していますが、今回はジャムの工場を案内します。(文菜)

ジャムの工場に来ました。紹介するのは製造部の彰仁さん(32歳・農園関連会社勤務)です。よろしくお願いします。

>お願いします。(彰仁)

今は何を作っていますか?

>看板商品の一つであるブルーベリージャムを作っています。ブルーベリーは農園内で生産したブルーベリーを100%使い、砂糖でじっくり煮込みます。家ではジャムは作りますか?(彰仁)

ぼくは作ったことがありますが、こんなに大きな鍋で煮込むのはすごいですね。

>この鍋で約100個分のジャムを作るんですよ。今日はできあがったものを少し持ってきましたので、召し上がってください。(彰仁)

ありがとうございます…ん!おいしい!!

>ありがとうございます!(彰仁)

ジャムは何種類ありますか?

>ジャムはブルーベリーをはじめ、いちご、りんご、マーマレード、ラズベリーなどです。季節限定商品もあり、季節の果物を使ったジャムはお客様に人気です。(文菜)

 

次は工場を後にして、販売コーナーにやってきました。

紹介するのは販売員のささ子さん(さる・♂11歳)です。よろしくお願いします。

>よろしくお願いします。(ささ子)

販売されている商品はどんなものがありますか?

>商品のジャムやパスタソース、バター、チーズ、ワイン、お菓子などを販売しています。(ささ子)

>あと、この農園内で販売している商品は当社のホームページ内にあるネットショップでも販売しています。通信販売はネットのほかに、FAXでも受け付けています。(文菜)

 

最後はレストランに来ました。

見てください((注)ブログ内ではお見せできないです…(-_-;))!なんと!フルコースの料理!!

紹介するのはシェフの戦士さん(28歳・料理人)です。よろしくお願いします。

>よろしくお願いします。(戦士)

これらの料理を教えてください。

>これらはお昼のランチコースです。まずは前菜は生ハムとグレープフルーツの冷製、うにの洋風茶碗蒸しです。(戦士)

では、いただきます…ん!おいしいです!!あっさりとしていて濃厚な茶碗蒸しに、グレープフルーツを生ハムに包んだものは口の中がすっきりしますね~。

>次はアスパラガスのスープです。(戦士)

これもおいしいですね~。青臭くなくて、濃厚な甘みでおいしい。

>次はメインです。前もって選択しました肉料理です。山梨県産牛肉のグリル温野菜添えです。(戦士)

ん!おいしい!!お肉がやわらかで、とろける食感(#^.^#) ソースもおいしいですね~。

>次はパスタです。あさりと春野菜のボンゴレです。(戦士)

ん!おいしい!!キャベツや菜の花などの野菜とあさりが合いますね~。

>最後はドルチェ(デザート)です。洋梨のタルトと季節の果物のマチュドニア、ヨーグルトアイスです。(戦士)

どれもおいしかったです。これにサラダ、コーヒーまたは紅茶、パンがついて2,500円です!ぼくには手が届かないですが、取材のため、今回は特別に作ってくれました。ありがとうございます!ちなみに他の料理は何がありますか?

>コース料理は予約が必要ですが、予約がいらない料理では、日替わりのパスタランチ、ピザランチ、お肉のランチ、お魚のランチの4種類です。価格は800円から1,200円までとなっています。夜は3,500円~7,000円のコース料理に、パスタや前菜、ピザなどの一品料理があります。コースは予約が必要ですが、一品料理は予約は不要です。(戦士)

>あと、農園内の飲食店ではこのレストランから歩いて5分くらいのところにフードコートがあり、地元産のお肉を使ったどんぶりやカレー、ラーメンなどが味わえます。(文菜)

 

一通り、農園内を回りましたが、会社のことについて紹介したいと思います。

従業員は何人いますか?

>従業員は正社員、パート従業員、アルバイト従業員を合わせて500人前後います。職種は事務局の事務職、営業職、PR、商品開発、管理栄養士、工場の製造、農園の作業員、レストラン・フードコートの料理人・キッチンスタッフ、ホールスタッフ、売店の販売員と、それぞれの職種で働いています。(文菜)

お客さんはどの層が来られますか?

>主に家族客が多いです。他には学生などのグループが来ますね。(文菜)

最後に会社の抱負を教えてください。

>安心で安全な食材を使い、添加物を抑えた商品づくりを目指して、日々前進していきます!(文菜)

ありがとうございます!

f:id:umenomi-gakuen:20170323181133j:plain

 

いかがですか?とても楽しい施設でいっぱいです。ごちそうさまでしたm(__)m

 

「職場」シリーズは8月にお送りします。次回は「梅の実」エリアの「地域」です。

 

以上、「学校・職場・地域丸かじり!」をお送りしました。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

スキューバーダイビングの資格

f:id:umenomi-gakuen:20170323173621j:plain

こんにちは!恭助(中1)です。

今日はスキューバーダイビングの資格についてお送りします。

 

ぼくなんですが、こう見えてスキューバーダイビングが特技なんです!最初は趣味で始めましたが、資格は12歳で取得しました。家族そろってスキューバーダイビングの資格を持っており、お母さんはスキューバーダイビングのインストラクターをしています。

 

キューバーダイビングの資格は各スクールによって異なりますが、受験資格は一般資格が15歳以上、ジュニア資格が10歳以上となっています。ただし、心臓や血圧の病気を持っている方は受験できません。過去に病気をしていた方はかかりつけの先生に相談してくださいね。

キューバーダイビングの資格を取得するには各スクールでレッスンを受けます。一定期間のレッスンを修了して、初めて資格を取得できます。

しかし、スキューバーダイビングはただ単に資格を持っただけではスキューバーダイビングはできません。スキューバーダイビングの資格を取得した後は、「Cカード」という認定証を取得しなければならないです。このCカードがなかったら、スキューバーダイビングができないんです。Cカードの取得もスクールで取得することになります。

 

あともう一つが、インストラクターなど、スキューバーダイビングを「仕事」にしようとしている人は「潜水士」の資格が必要です。潜水士は日本にある国家資格で、海上自衛隊員や海上保安官も必須の資格。潜水士の資格は18歳以上が対象となっています。趣味でやる人は潜水士の資格は必要ありません。

 

キューバーダイビングの資格及びCカードを取得したら、早速海へ。日本各地の海でできますが、おすすめなのが沖縄の海。沖縄の海はマリンブルーの色がきれいで、いろいろな魚やサンゴがあって楽しいです。海外ではハワイやグアム、ニューカレドニアなどの南の島がおすすめです。日本の海は規制が多いので、スキューバーダイビングの経験者やインストラクターにおすすめの場所を教えてもらった方がいいと思います。子どもがスキューバーをする場合は必ず親や大人の方が付き添ってくださいね。

 

ももうすぐ。グループで、家族でスキューバーダイビングを楽しみましょう。

 

というわけで、恭助でした。

バイバ~イ(^_^)/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ