梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

救命センター24時?(第3回)

f:id:umenomi-gakuen:20170727200220j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170727200232j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170727200245j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170727200301j:plain

***出演***

信次郎(くま・♂7歳)

一世(36歳・救命医)

 

(一言)

今日は熱中症についてお送りします。

熱中症は暑い夏に起こる症状で、暑さでめまいが起こったり、けいれんや意識障害を起こします。ひどい場合は死に至ることがあるので、早めの処置が必要です。

 

うちの病院でも熱中症で運ばれてくる患者が多く、入院するか処置後にそのまま帰宅するかのいずれかになります。

熱中症で運ばれてくる患者は100人以上おり、処置で大変。

他の重症患者も運ばれてくるので、毎日の処置でてんてこまい。これではスタッフもアツアツで倒れちゃうよ~!

 

熱中症にならないように、水分・塩分補給を十分に、涼しい場所で休んでね。(信次郎)

 

*(注)実際の救命救急センターはこんなパロティではありません。あしからず。

 

(つづく)

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

好きな秋の味覚は?

こんにちは!七八(さる・♂2歳)です。

今週のおしゃべりカフェは「秋の味覚」です。

秋はおいしい味覚がたくさんありますよね~。夏は食欲がなくて食べないことが多いですが、秋は涼しくなり、たくさん食べたくなります。

今日は3人のメンバーと一緒におしゃべりしたいと思います。

メンバーは金太さん(26歳・メーカー勤務)、一色さん(46歳・メーカー勤務)、オレ・七八です。

 

七八「今日の「梅の実弁当」です。献立はしめじご飯、焼き魚(さば。キャベツのせん切りつき)、かぼちゃの煮物、ほうれん草のおひたし、漬物(たくわん)、果物(りんご)です。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

七八「ん!うまい!彩りもよくていくつでも食べれる。」

金太「ひとり暮らしなので、バランスのとれた弁当はありがたいです。」

一色「秋の味覚がそろっているね。うまい!」

 

~お弁当を食べ終わったところで、本題です~

七八「今日は麦茶を飲みながらおしゃべりしたいと思います。今日のテーマは「秋の味覚」です。さっき弁当を食べましたが、今日の弁当も秋の味覚が詰まっていましたね~。では、好きな秋の味覚は何ですか?まずは金太さん。」

金太「ぼくはいもですね。いもの中ではじゃがいも。煮物にしたり、フライドポテトやポテトチップスなど、何でも合います。」

七八「オレもじゃがいも好き。フライドポテトもポテトチップスも大好き!ところで、じゃがいもって不作になって、ポテトチップスが品切れ状態になっていませんでした?」

金太「あったね!去年、北海道で大規模な台風の被害に遭って、じゃがいもがダメになったみたいで。それで品切れが続いて、ポテトチップスが食べれない日々が続いたよ。」

一色「わしもたまに食べるけど、そんなに不自由はないな。あとから休売になった商品も復活したし。」

七八「そうですよね。あと、「カール」が東京では姿を消してしまいましたね。」

金太「北海道から東海地区までだよね。「カール」がなくなったの。関西から九州までは売っているみたいだけど。」

一色「「カール」って、歯にまとわりつくから食べないな~。」

七八「普通にあったお菓子がなくなってしまうのはなんかさみしい…。一色さんは好きな秋の味覚はありますか?」

一色「わしはさんま。焼いたさんまにすだちをかけて、大根おろしと一緒に食べるのが、秋やな~って思うわ。」

金太「ぼくもさんまは好きですね。子どものときはあまり好きではないですが、大人になってからですね。シンプルに塩焼きにしたさんまがこんなにおいしいと感じたのは社会人になって、お酒が飲めるようになってからですね。」

七八「大人になると味覚が変わったんですね~。オレもさんまは大好き。塩焼きもいいけど、かば焼きもうまいよ。」

金太「かば焼きだったら、ぼくも大好き。濃いめの味付けでおいしいし。」

一色「さんまはかば焼きでは食べないな。やっぱり焼き魚か刺身がうまい。」

七八「さんまって、刺身で食べれるんですか?」

一色「食べれるよ。さんまはそのままではダメなので、酢でしめるね。しめさばと同じ要領で。」

金太「刺身だったら、サーモンだったり、まぐろとかが好きですね。七八くんは何が好きなの?」

七八「オレは栗。栗はこの季節でしか食べれないし、何しろほっこりとしててうまい。モンブランとかの菓子もうまいけど、一番好きなのが焼き栗。スーパーで焼き栗があると、ついつい買っちゃうね。」

一色「わしも栗が好き。やっぱり焼き栗が一番うまいよ。」

金太「ぼくも焼き栗が好きだけど、ぼくはモンブランが好き。ケーキが大好きなので、たまにモンブランを食べますね。」

七八「秋の味覚は他にかぼちゃなどもあるしね。話していたら、焼き栗が食べたくなってきちゃった(ワラ)。この後焼き栗を買って帰ろうっと。」

f:id:umenomi-gakuen:20170727191009j:plain

(左から金太、七八、一色)

 

これからのシーズン、秋の味覚を堪能しましょう。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

人気のまんが(その37)

f:id:umenomi-gakuen:20170727165628j:plain

こんにちは!茅美(中3)です。

今日は「人気のまんが」をお送りします。

 

今月は「くりた陸」さんをピックアップ!

 

くりたさんは日本の女性まんが家で、多くの作品を残しました。

今日はすべてではありませんが、くりたさんの作品を紹介します。

まずは「ゆめ色クッキング」です。1988年に刊行されたまんがで、料理好きの女子高生が料理で周りを幸せにする物語です。

くじらの親子 10 (デザートコミックス)

くじらの親子 10 (デザートコミックス)

 

次は「くじらの親子」です。1996年に刊行されたまんがです。

オレの子ですか? 5 (デザートコミックス)

オレの子ですか? 5 (デザートコミックス)

 

次は「オレの子ですか?」です。2004年に刊行されたまんがです。小さい子どもを育てる若い男性を描いた物語です。くりたさんは2003年に乳がんを発症し、すでにステージ3まで進行していました。 5年生存は厳しいため、死んだあとに残しておきたくないという思いから、原稿のほとんどが処分されました。しかし、2014年にカラー原稿と生原稿を「Jコミ」にてオークション形式で販売され、売り上げのすべてはくりたさんのがんの治療費に充てられる予定となりました。「オレの子…」はがんの闘病中の中で執筆活動をしていました。

アンナ・パブロワ (学習漫画 世界の伝記NEXT)
 

最後は「アンナ・パブロワ」です。2012年に刊行された学習まんがで、くりたさん自身は作画のみで、シナリオが黒沢 翔さん、解説が森下洋子さんです。しかし、このまんがが最後の作品となりました。

くりた陸さんは2017年7月4日に、乳がんのために亡くなりました。54歳でした。10日にくりたさんの公式Twitterで公表され、つらい闘病生活を送りながら、最期まで執筆活動を続けました。くりたさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

次はどのまんが家さんの作品を紹介するのでしょうか?次回もお楽しみに。

 

というわけで、茅美でした。

また明日。バイバ~イ(^_^)/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

チョコレートケーキ大好き!

f:id:umenomi-gakuen:20170726173457j:plain

こんにちは!結子(小5)です。

今日はチョコレートケーキについてお送りします。

 

チョコレートケーキはクリスマスにある生クリームチョコのケーキのイメージがありますが、これ以外にガトーショコラやザッハトルテも人気のチョコレートケーキです。

焼き菓子ではマドレーヌやフィナンシェ、カップケーキなどもチョコレートが入っていますし、パンケーキもチョコレートが入っていますよね。チョコレートはご存じのとおり、ポリフェノールが入っているため、美容にもいいです。ただし、糖分や脂分も含まれるので、食べすぎには注意を。

 

ここでチョコレートケーキを集めてみました。

チョコレートケーキ バースデーケーキ

チョコレートケーキ バースデーケーキ

 

 

 

 

 

 

 

生ザッハトルテ 15cm

生ザッハトルテ 15cm

 

まずはお取り寄せのケーキです。チーズケーキやタルトまであるんですね~。オペラはヨーロッパの最高級ケーキで、一度は食べてみたいですね。

 

バランスパワー ビッグ しっとりココア 2袋(4本)×8箱

バランスパワー ビッグ しっとりココア 2袋(4本)×8箱

 

 

ブルボン シルベーヌ 6個×5箱

ブルボン シルベーヌ 6個×5箱

 

 

お次は手軽に食べれるケーキ・菓子です。おなじみのお菓子ばかりですね。ファミリーサイズだとたくさん食べれそう。

他にもありましたが、今日のおやつにチョコレートケーキを食べてみてね。

 

というわけで、結子でした。

バイバ~イ(^_^)/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

9月20日の登場人物

f:id:umenomi-gakuen:20170726171041j:plain

匠海(たくみ・小6) 市立下田小学校

静岡県在住。部活ではバスケットボール部に所属。イケメンで女子にモテモテ。

 

 

f:id:umenomi-gakuen:20170726171249j:plain

瑛梨(えり・中3) 市立扶桑中学校

愛知県在住。部活には入らずに地元のフィギュアスケートクラブに所属。ジュニアの大会で優秀な成績を残している。架純とは実の姉。

 

 

f:id:umenomi-gakuen:20170726171500j:plain

歌奈子(かなこ・46歳) (株)四菱銀行

大阪府出身。広島県在住。県内の大手銀行に勤務する銀行員で、窓口業務を担当。知人同士の紹介で知り合った夫の映と結婚し、故郷の大阪から広島に移住したが、広島のお好み焼きを嫌う。耐とは実の息子。椿紗とは実の娘。秀造とは実の父親。小浜とは実の母親。顕一とは実の弟。美名子とは実の妹。龍太郎とは同じ会社の同僚。

 

 

亮太→4月6日の登場人物

直人→4月7日の登場人物

克典→5月18日の登場人物

則子→6月17日の登場人物

ひかり→12月22日の登場人物

智哉→11月22日の登場人物

恵都→11月28日の登場人物

拳太→7月17日の登場人物

凌香→8月22日の登場人物②

遊大→9月5日の登場人物②

 

チャットジャッジ~部活動、入るなら運動部?文化部?~

こんにちは!亮太(高2)です。

今月のチャットジャッジはこのお題です。

 

「部活動、入るなら運動部?文化部?」

 

部活動は中学と高校、大学では必須の課外活動。大学では自由ですが、中学や高校は多くの生徒が活動しています。

部活動は運動部と文化部(いずれも同好会を含む)があり、生徒の好みで入れますが、親や周りの風潮で好きでもない部活に入る人もいます。

 

そこで、部活に入るなら運動部派のメンバーと、文化部派のメンバーたち、それぞれ4人ずつをパネリストを迎えて議論したいと思います。

ファシリテーターはオレ・亮太です。オレ自身は今の高校ではバスケットボール部に入っています。全国大会に向けてがんばっています。ちなみに卒業した中学でもバスケットボール部でした。

運動部派のメンバーからは直人(中2)、拳太(高2)、遊大さん(大学3年)、則子さん(37歳・メーカー勤務)です。文化部派のメンバーからは凌香(中2)、克典(高2)、恵都さん(大学2年)、歌奈子さん(46歳・銀行員)です。

それぞれ中学生、高校生、大学生、中学生または高校生の子どもを持つ親で選出しました。ちなみに克典とはオレが通う高校の同級生です(*^。^*)

 

まずは運動部派のメンバーからのプレゼンです。

>オレは都内の公立中学に通っています。部活では野球部に入っています。学校の部活は軟式野球で、2年生でレギュラーに選ばれています。ちなみに少年野球のシニアリーグに入っていて、こちらは硬式野球です。部活と習い事のダブルスクールでしんどいですが、将来はプロ野球選手を目指しています。高校では硬式野球部があり、全国大会での実績がある高校への進学を希望しています。学校は公立の方がいいですが、強豪校であれば、私立も歓迎しています。(直人)

>ぼくは広島県内の私立高校に通っていて、部活ではサッカー部に入っています。ちなみに高校は併設中学もある中高一貫校で、ぼくは中学から進学しています。中学でもサッカー部に入っていました。理由は父親(壮嗣・47歳・中学高校教師)が元Jリーガーで、引退後にうちの学校の教師になり、サッカー部の総監督をしています。父親のもとで練習がしたくて、中学から私立である今の学校に進学しました。弟(昂太・中2)も中学から同じ学校に進学し、一緒に練習をしています。将来はJリーガーを目指すか、大学でもサッカーを続けていき、のちに指導者として活躍したいです。(拳太)

>オレは都内の私立大学に通っています。大学では体育学部に在籍し、部活では水泳部に入って、大学の大会や国体、海外の大会に向けて練習をしています。ちなみに高校では水泳部に入っていましたが、中学では水泳部はなく、陸上部に入り、学校外の活動で地元のスイミングクラブで練習をしていました。部活に入る理由は小さい頃から水泳をやっていたので、選手を目指して毎日練習をしています。将来は社会人でも水泳選手として活躍し、引退後はコーチを目指しています。(遊大)

>私は2人の子ども(真知子・中1&英男・小5)の母親です。そのうち娘(真知子)が中学生で、今の中学ではバレーボール部に入っています。子どもを運動部に入らせたい理由ですが、本人も運動部を希望していましたが、親としても運動部に入って、競争心や忍耐力、協調性を身につけてほしいからです。娘はまだレギュラーには選ばれていませんが、いずれはレギュラーになって、中学の大会で出場してもらいたいし、引退後は運動部での実績を活かし、高校受験でがんばってもらいたいです。高校の部活については本人の希望を尊重するつもりです。(則子)

 

他のメンバーからの意見があります。

>ぼくは静岡県内の公立小学校に通っています。中学や高校での部活は運動部を希望しています。運動部の中でもバスケットボール部を希望しており、将来はバスケットボール選手を目指しています。通う予定の公立中学でもバスケットボール部があり、中学に入ったらバスケットボール部に入りたいです。(匠海・小6)

>ウチは愛知県内の公立中学に通っています。部活は入っていません。今の公立中学に希望する部活がないからです。代わりに、小さい頃からフィギュアスケートをやっていて、地元のスケートクラブで練習をしています。練習自体はけがで離脱した時以外は毎日練習しています。将来はフィギュアスケートの選手として、国内や海外の大会に出場したいです。高校では姉(架純・高2)が通っている私立高校を希望しており、その高校のスケート部に入って練習がしたいです。(瑛梨・中3)

 

文化部派のメンバーからの反論です。

>ウチは運動が好きではないので、運動部は嫌ですね。(凌香)

>中学の時は運動部に入ったけど、練習がめちゃくちゃきつくて、本当に嫌だった。オレ自身は好きなスポーツだったからよかったけど、好きでもないスポーツの部活に入らされるのは地獄です。(克典)

>私自身も体育が苦手なので、運動部は絶対に嫌でした。高校は部活が豊富だったのですが、中学では希望する部活がなくて、本当に苦労しました。(恵都)

>スポーツ選手を目指すのならいいのですが、そうじゃない子に毎日きつい練習を強いられるのはどうかと思います。(歌奈子)

 

引き続き、文化部派のメンバーからのプレゼンです。

>ウチは愛知県内の私立中学に通っています。小中高一貫の女子校で、ウチは小学校から通っています。姉(直香・高1)と妹(鈴香・小6)も小学校から同じ学校に通っています。部活ですが、吹奏楽部に入っています。専門はクラリネットで、コンクールに向けて毎日練習をしています。文化部を選んだ理由ですが、小さい頃からピアノやバイオリンなどの音楽をやっており、小学校ではオーケストラクラブに所属し、バイオリンを担当しました。クラリネットは中学から始めたので、高校でも続けたいです。将来は音大に入るつもりはありませんが、趣味として音楽は続けていきたいです。(凌香)

>オレは都内の公立高校に通っています。部活では軽音楽部に入っています。同級生4人組のバンドをやっていて、ドラムを担当しています。もちろん、ドラムは高校から始めました。中学の時の部活はバスケットボール部に入っていました。中学の部活に軽音楽部はなく、文化部は吹奏楽部や美術部くらいしかありません。親や周りから言われて運動部に入らされたので、毎日の練習と試合でとても嫌でした。高校では吹奏楽部や軽音楽部だけでなく、理科系の部活や趣味系の部活まであるので、選べる範囲が広がります。今の部活は文化祭に向けて練習をしていますが、将来は今の4人でバンド活動するか、別のメンバーを集めて活動するかはまだわかりません。大学に入ってもバンドは続けたいです。(克典)

>私は神奈川県内の私立大学に通っています。部活ではアナウンス研究会に入っています。ちなみに中学の部活では美術部、高校では同和問題研究会に入っていました。今の部活に入った理由ですが、アナウンサーを目指していて、都内のフリーアナウンサーが主宰するアナウンサー塾に通って、毎日練習をしています。将来はテレビ局やラジオ局のアナウンサーを目指しており、就職活動も並行してがんばる予定です。(恵都)

>私は大学生の長男と高校生の長女(椿紗・高3)の母親です。子どもの部活ですが、長男は中学から大学までバスケットボール部に入っています。長女は中学・高校ともにハンドベル部に入っています。学校は長男は小学校は公立でしたが、中学・高校と私立、大学は国立で、長女は小学校から高校まで私立に通わせています。2人の子どもの部活ですが、本人の希望に任せています。私立の部活は公立に比べて選べる範囲が広く、中学生でも入れる珍しい部活もあります。公立の場合だと吹奏楽部や美術部くらいしかなく、私立では吹奏楽部や美術部のほかに、コーラス部や英語部、理科系の部活や社会系の部活など、学問の部活まであります。その部活で希望する大学の学部で勉強するようになったり、趣味として楽しむこともできます。私自身も小学校から大学まで私立で、好きな英語系の部活に入り、英語力を身につくことができました。(歌奈子)

 

他のメンバーからの意見があります。

>私は都内の私立小学校に通っています。小学校では吹奏楽クラブに所属していますが、中学・高校の部活では文化部を希望しています。学校は系列の中学への進学を視野に入れていますが、他の私立中学の受験の勉強もしています。部活は吹奏楽を続けるか、吹奏楽以外の音楽の部活か、英語系の部活を希望しています。(ひかり・小6)

>ぼくは都内の私立高校に通っています。部活ですが、中学・高校通じて入っていません。実は小さい頃から日本舞踊をやっていて、高校生になった今でも練習をしています。日本舞踊で小学生と中学生のコンクールで優秀な賞を受賞しました。高校でもコンクール入賞を目指しており、毎日練習をしています。あと、中学の途中から芸能活動をやっており、芸能活動と並行して日本舞踊もやっています。(智哉・高1)

 

運動部派メンバーたちからの反論です。

>確かにうちの中学の部活では決まったパターンしかないです。特に文化部は選択肢がないです。同級生の中には鉄道研究や理科の部活を希望している子らがいて、入ることは叶わず、親から強制的に運動部や吹奏楽部に入らされていました。(直人)

>一部のコース以外、基本的に部活の参加は自由なので、好きな部活に入ることができます。中高一貫なので、運動部はサッカー部など一部を除き、中高別の活動ですが、文化部では中高合同の活動です。6学年の生徒が垣根がなく仲良く活動できるのは私立の文化部ならではだと思います。(拳太)

>運動部に入るにしろ、文化部に入るにしろ、個人の自由だと思います。オレ自身は運動が好きだったので、運動部を希望しただけですが。(遊大)

>高校生では本人の希望を尊重しますが、中学生は親や周りの意見も配慮しながら部活に入るべきだと思います!文化部は吹奏楽部以外は退部した生徒の受け皿的存在にすぎず、内申書にもいいことは書けないと思います。私立の方は運動部・文化部ともに豊富でしょうが、私立はお金持ちの生徒しか入れない学校で、わが家では公立の併願校しか頭にないです。(則子)

 

以上で終了です!!ここでオレがジャッジします。

結論は…本人の希望で部活に入るようにしましょう!!

f:id:umenomi-gakuen:20170726164819j:plain

部活は運動部、文化部といろいろありますが、本人の希望を考慮することが優先で、親の希望は二の次です。

高校や私立中学では運動部・文化部問わず、バラエティある部活がありますが、公立中学では決まったパターンしか部活がありません。それで部活に入らずに、スポーツクラブや習い事に専念して、そこで結果を出している生徒もいます。部活とスポーツクラブの「ダブルスクール」になっている生徒も多く、経済的にも負担がかかります。

中学や高校の部活で、将来の夢を見つけたり、趣味として続けている人たちもいます。高校受験の内申書対策のために入るのではなく、楽しみながら入れる活動が理想です。学校側は休養日を取り入れるなど、部活が毎日の活動にならないよう配慮すべきです。

 

今日はチャットジャッジ・第48回目、「部活動、入るなら運動部?文化部?」をお送りしました。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

牛肉のブランド

f:id:umenomi-gakuen:20170725164748j:plain

こんにちは。アンデス(ひつじ・♂3歳)です。

今日は牛肉のブランドについてお送りします。

 

牛肉は全国各地で飼育されていますが、牛肉にもブランドがあります。

有名どころでは松坂牛、神戸牛ですよね。松坂牛は「まつざかぎゅう」ではなく「まつさかうし」って言うんですよ。ぼくも知りませんでした。

松坂牛、神戸牛以外では兵庫の但馬牛、岐阜の飛騨牛、宮崎の宮崎牛、佐賀の佐賀牛、山形の米沢牛、滋賀の近江牛などがあります。

それぞれの地域のブランドではそれぞれの地域で飼育された牛の旨味がたっぷりで、脂がのっていておいしいです。ふだんは家庭ではブランド牛は食べる機会はありませんが、一度は食べたいですよね~。

 

ここで、各地域のブランド牛を集めました。

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのブランド牛を集めましたが、どれもおいしそ~(*^。^*) 特別な日に食べたいね。

他にもありましたが、特別な記念日に各地域のブランド牛を堪能しましょう。

 

というわけで、アンデスでした。

バイバ~イ(^_^)/

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ