読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

4月23日の登場人物

登場人物紹介 登場人物紹介3

f:id:umenomi-gakuen:20170221184108j:plain

ピニヤ(さる・♂4歳) 現地の音楽学

メキシコ在住。クラブDJを目指して、地元の音楽学校で勉強をしている。プラタノとは実の兄。

 

 

f:id:umenomi-gakuen:20170221184234j:plain

ダミア(14歳) 現地の中学校

メキシコ在住。部活ではダンス部に所属していて、ジュニアの大会で活躍。勉強が苦手。

 

 

リンダ→8月10日の登場人物

ドミンゴ11月4日の登場人物

ソニア→11月28日の登場人物①

 

世界の不思議~メキシコ~

【4コマ】みんなの1日 【4コマ】みんなの1日:世界の不思議

f:id:umenomi-gakuen:20170221181940j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170221181948j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170221181954j:plain

 

f:id:umenomi-gakuen:20170221182002j:plain

***出演***

ドミンゴ(16歳)

リンダ(19歳)

ソニア(16歳)

ピニヤ(さる・♂4歳)

ダミア(14歳)

 

(一言)

今日はメキシコについてお送りしました。

メキシコはアメリカの南側にある国で、公用語スペイン語です。

ラテン系のノリで、みんな明るい人たちばかりです。

 

学校教育は日本と同じ6・3・3制ですが、義務教育は3歳~18歳までです。幼稚園に入る年齢から高校卒業までです。かつては日本と同じ6歳~15歳まででしたが、何年か前に3歳~5歳までの幼稚園の年齢の子どもと16歳~18歳までの高校の年齢の子どもも対象になりました。学費などは3歳~18歳まですべて無償です。私立では国定教科書は無償です。大学では国公立は無料で、難関レベルです。その難関の国公立大学に進学すると将来が約束されます。ただ、学校では教師の質の問題もありますね。

料理は辛い料理が中心。タコスにトルティーヤに野菜や肉を挟み、サルサをかけるのがメキシコならではの料理。他には豆の煮込みも定番です。

スポーツではサッカーや野球などが盛ん。野球ではメキシカンリーグがありますからね。

 

メキシコの問題としてはアメリカのトランプ大統領就任で、アメリカとメキシコの間に壁を作ることになるかもです。

アメリカではアメリカの工場にメキシコ人が中心となって働いているため、一部のアメリカの国民の批判が多いため、メキシコ人を封鎖するために壁を作ろうとしているのです。もともとは働かないアメリカ人が多いのに、メキシコ人を批判して、壁を作るのはどうかと思います。まるで昔のドイツみたいですね。

メキシコは貧困や治安問題も深刻です。南米に比べるとまだましですが、それでも生活が苦しい人もいますし、治安の悪さもひどいです。これは国が解決しないといけない問題です。

 

今日はメキシコについてお送りしました。(ドミンゴ

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

女性とたばこ

おしゃべりカフェ(その他) おしゃべりカフェ(その他:趣味・特技)

いらっしゃい~。あげは(23歳・キャバクラ嬢)です。

今週のおしゃべりカフェは「たばこ」です。

たばこは男性では当たり前に吸いますが、女性でも吸う人はいます。

大学や専門学校での生活、仕事、家事・育児のストレスでたばこを吸う女性がいるんですよ。

今日は3人のメンバーたちと一緒におしゃべりしたいと思います。

メンバーはウチ・あげは、亮子(専門学校2年)、萬里子さん(40歳・翻訳家)です。

 

あげは「今日の「梅の実弁当」です。献立はご飯(梅干し付き)、焼き魚(鮭。キャベツのせん切りつき)、スナップえんどうのおひたし、ポテトサラダ、漬物(桜漬け)、果物(いちご)です。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

亮子「今回2回目ですが、一人暮らしにはありがたいですね。おいしい!」

萬里子「初めて食べましたが、おいしいですね。こないだ主人(拓矢・40歳・IT関連会社勤務)が食べたので、主人の言った通りでしたね。」

あげは「実はウチの嫌いなものばかり…。家では体に悪い物ばかり食べているから、ほとんど残しました。すみません。」

 

~お弁当を食べ終わったところで、本題です~

あげは「今日はコーヒーを飲みながらおしゃべりしたいと思います。コーヒーはウチの家で飲んでいるものです。ミルク・砂糖はお好みで。今日のテーマは「たばこ」です。ふだんからたばこは吸いますか?まずはウチですが吸います!たばこは中学生の頃から吸っています。お2人は?」

亮子「私も吸います。専門学校に入ってからですね。周りはたばこを吸う人が多いので、友達と一緒に吸っています。高校までは当然ながら吸っていません。」

萬里子「私も吸いますが、家族がいない時だけですね。たばこは結婚して、2人目の子ども(脩哉・14歳)が生まれてからですね。子どもたちが小さい時は育児ですごいストレスになっていたので、子どもたちを寝かしつけた後に、外でたばこを吸っていました。主人はたばこは吸わないので、主人と子どもたちのいない間に吸いますね。」

亮子「家族ではお父さんがたばこを吸って、お母さんがたばこは吸わないのが普通なんですが、逆のパターンもあるんですね。」

あげは「ウチの家では父親も母親もたばこを吸っているよ。きょうだいもみんな中学生や高校生の頃からたばこを吸っているし。」

萬里子「さすがに中学生や高校生のときはたばこは吸わないな。学校でも禁止になっているし。中学生の時は地元の公立に通っていたけど、いじめで不登校になって、勉強は家でやったよ。高校ではアメリカに渡米し、地元のハイスクールに進学して、そのまま卒業。大学もアメリカの大学に通って、そこで主人と知り合いましたね。大学卒業してから主人と一緒に日本に帰国して、そのまま結婚しました。その後1人目の子ども(由奈・17歳)を出産、2人目の子どもも出産しましたね。ちなみにアメリカでもたばこはあるけど、日本よりも超高いよ。」

あげは「マジで!?1,000円くらいなの?」

萬里子「金額は日本よりも倍以上に高かったと思う。吸う場所も決められているし。」

亮子「アメリカに限らず、どこの国でもたばこを吸う場所は限られていますよね。日本でも喫煙エリアしかダメだし、歩きたばこは禁止。」

あげは「それで愛煙家が反対しているよね。受動喫煙を防ぐために規制しているし、たばこのCMもかつてはあったのに、今は全く放送しないしね。」

亮子「あっても、喫煙のマナーとかですからね。」

萬里子「子どもやたばこを吸わない人とか、病気の人たちに配慮して、たばこの規制をしていると思う。私も受動喫煙を防止するために、家族の前では吸わないようにしている。」

亮子「今はどの場面で吸いますか?」

萬里子「仕事のときだけ。仕事はフリーの翻訳家をしているので、仕事場は夫婦の部屋とは別に、自分専用の部屋で仕事をするの。仕事の合間に吸います。部屋中たばこのにおいがしたら困るので、空気清浄器を購入して、万全の対策を取っています。外では一人のときは吸いますね。」

あげは「確かにたばこのにおいが部屋中匂っていたら、家族も「あれ?」って思うよね。亮子はどの場面で吸うの?」

亮子「学校やバイト先での休憩時間と家ですね。あげはさんは?」

あげは「仕事はキャバ嬢をしているので、休憩時間でも仕事中でも吸うね。でも、高校中退して、キャバ嬢の世界に入った時は最初はたばこは休憩時間しかダメだった。仕事中に吸うのはトップのキャバ嬢しか認められてなかったからね。今はトップになって、もうやりたい放題(ワラ)。もちろん、お客さんと接客するときは、きちんとやっているよ。お客さんがたばこを吸おうとしたら、即火をつけるのがキャバ嬢の仕事。お酒を作ったり、お客さんと会話をするのもキャバ嬢の仕事。楽な仕事に見えるけど、現実は厳しいからね。」

亮子「ウチの知り合いでキャバクラでバイトしている人います。やっぱり下っ端なので、たばこは休憩時間でないとダメだそうです。」

萬里子「自分の知り合いもいろいろな事情があってキャバクラでバイトをしている人はいます。お金はたくさんもらえるけど、いろいろ問題も多いしね。いずれはたばこをやめないといけなくなるかもしれないけど、女の愛煙家として、たばこを楽しみたいですね。」

あげは「ウチもそう。愛煙家は男性の方が多いけど、女もたばこは楽しみたいよ。」

f:id:umenomi-gakuen:20170221180452j:plain

(左から亮子、あげは、萬里子)

 

やっぱり女もたばこを楽しみたい!

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

人気役者の映画・ドラマ(その7)

プチログ(ニュース関連) プチログ(ニュース関連:エンタメ)

f:id:umenomi-gakuen:20170221161417j:plain

こんにちは。兼三(73歳)です。

今日は「人気役者の映画・ドラマ」をお送りします。

 

今月は「松方弘樹」さんをピックアップ!

 

松方さんは日本を代表する俳優さんで、お父さんは時代劇俳優の近衛十四郎さん(故人)、お母さんは女優の水川八重子さん(故人)の長男という、芸能人一家でした。主に映画を中心に、多くの作品を残しました。

今日はすべてではありませんが、松方さんの作品を紹介します。

仁義なき戦い [DVD]

仁義なき戦い [DVD]

 

まずは「仁義なき戦い」です。菅原文太さん(故人)主演の任侠映画ですが、松方さんは悪役として出演しました。松方さんは1960年に17歳で「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」でデビューし、その後、数々の映画に出演しました。

次は「勝海舟」です。1974年に出演したNHK大河ドラマです。このドラマは病気のために降板した渡 哲也さんから主役を引き継いで出演。その時にきょうだい役で共演した女優の仁科亜季子さん(その当時の芸名が仁科明子)と不倫関係になったのも話題になりました。松方さんはのちに前の奥さんと離婚し、仁科さんと再婚。2人の間に次男で俳優の仁科克基さん、三女でタレントの仁科仁美さんが生まれましたが、のちに離婚しました。(ちなみに前の妻との間に長男、長女、次女がおり、長男は俳優の目黒大樹)

柳生一族の陰謀 [DVD]

柳生一族の陰謀 [DVD]

 

次は「柳生一族の陰謀」です。1978年に出演した映画です。1985年にはバラエティ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」にレギュラー出演し、俳優とは違った一面を見せました。1990年代まではトレードマークであるサングラスをかけながら出演しましたが、2000年以降はサングラスを外して出演しました。また、釣りが趣味で、2008年、2009年に行われたマグロ釣りの大会で、約300kgのクロマグロをそれぞれ1本釣り上げ、高額の値が付いたことでも話題になりました。2015年には石垣島で自己最高記録の361kgのクロマグロを釣り上げました。

最後は「イン・ザ・ヒーロー」です。2014年に出演した映画です。2015年に出演した映画では「柳生十兵衛世直し旅」、ドラマでは「その男、意識高い系。」がそれぞれ最後の作品となりました。

松方弘樹さんは2017年1月に「脳リンパ腫」のために亡くなりました。74歳でした。2016年に脳リンパ腫を患い、抗がん剤による治療を受けましたが、帰らぬ人となりました。松方さんの死後は弟で俳優の目黒祐樹さん、親友である俳優の梅宮辰夫さん、元妻の仁科さんらが追悼コメントを発表しました。 数々の映画やドラマに出演し、受賞歴は「日本アカデミー賞」・優秀主演男優賞などを受賞しました。松方さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

次はどの役者さんを紹介するのでしょうか?次回は6月にお送りします。

 

というわけで、兼三でした。

また明日です。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ

 

4月20日の登場人物

登場人物紹介 登場人物紹介4

f:id:umenomi-gakuen:20170221154801j:plain

寛志(ひろし・41歳) (株)B&G

神奈川県出身。フィンランド在住。アメリカが本社であるメーカーのフィンランド支社に勤務する営業マンで主任。埼玉の日本支社に勤務していたが、10年前に家族とともにフィンランドにやってきた。玉恵とは実の妻。岳史、惟史とは実の息子。七緒とは実の娘。

 

 

f:id:umenomi-gakuen:20170221155039j:plain

七緒(なお・13歳) 現地の中学校

神奈川県出身。フィンランド在住。部活ではバドミントン部に所属。惟史とは双子の兄。寛志とは実の父親。玉恵とは実の母親。岳史とは実の兄。

 

 

岳史→3月28日の登場人物

玉恵→9月13日の登場人物

惟史→11月28日の登場人物②

 

北欧に住む日本人家族

イラログ(その他) イラログ(その他:ふだんの生活)

パイヴァー(こんにちは)!岳史(16歳)です。

今日はぼくたち家族を紹介します。

 

家族はぼくとお父さんの寛志(41歳)、お母さんの玉恵(40歳)、弟の惟史(13歳)、妹の七緒(13歳)の5人家族。ちなみに弟と妹は双子で、惟史が兄で、七緒が妹となっています。

住んでいるのは日本ではありません。

北欧のフィンランドに住んでいます!!

 

理由はお父さんの仕事の都合です。もともとは神奈川に住んでいました。

お父さんは埼玉にある「B&G」の日本支社に勤務していました。ぼくが小学生の時にお父さんが同じ会社のフィンランドの支社に転勤になりました。

お父さんだけフィンランドに移住し、お母さんとぼくと弟、妹は日本に残るのかと思いきや、お母さんはお父さんと一緒について行くことを決意し、ぼくたちきょうだいもフィンランドに行くことになりました。

お母さんはどうせフィンランドに住むなら、日本人学校よりも現地の学校で学びましょうってことで、なんと!家族そろってフィンランド語を学びに来ました!!日本の英会話学校フィンランド語を教えてもらうところが少ないので、ネットでフィンランド語を教えてもらえる教室を見つけ、家族でそこに通いました。わずかな期間ですが、日常会話ができるまで学びました。

 

そして、家族そろってフィンランドへ。

住むところはお父さんの会社が用意をしてくれて、ぼくたちの部屋まであります。妹とは別の部屋ですが、ぼくと弟は同じ部屋です。リビングにはまきストーブまであります!フィンランドでは冬はとても寒いので、まきストーブは欠かせないんだとか。

そして学校は日本人学校には進学せず、現地の基礎学校に進学しました。基礎学校は7~16歳までの義務教育期間の年齢の子どものための学校で、日本でいえば小中一貫校に近いです。義務教育の年齢も日本と同じ9年間ですが、日本よりも1年遅いです。

フィンランドでは教育の支援が充実しており、義務教育である基礎学校だけでなく、幼稚園や高校、大学まですべて無料。しかも、フィンランド人だけでなく、フィンランド人以外の外国人の子どもも対象なんです!!教育以外でも福祉や医療も充実しているという、日本ではありえない政策があるんですよ。ただし、支払う税金は非常にバカ高いです(>_<) しかし、お父さんもお母さんも教育や福祉のための投資だと思って毎年支払っています。日本は教育も福祉も医療もあまり充実していない割には税金が高いですからね。

現地の学校に進学した当初は言葉の壁に悩みましたが、フィンランド人の子どもたちはみんな優しくて、すぐに仲良くしてくれました。しかもフィンランドの基礎学校ではテストは基本的になく、基礎学力をつけることを重点に置いています。学校の長期の休みの期間が多いのも、フィンランドならでは。受験も一部の大学以外はほとんどありません。

 

フィンランドのいいところはやっぱり自然の良さでしょう。夏は涼しくていろいろな森を探検したり、冬は寒いですが、スノースポーツを楽しむのには絶好のスポットがいっぱいです。

問題なのが食事ですね。フィンランドの料理はあまりおいしい物ではなく、日本人のぼくら家族にとっては厳しいものです。お母さんはフィンランドに住むときに食事だけは日本の味にと思い、日本の調味料をネットで購入しました。最近では日本食の食材や調味料がフィンランドのスーパーにあるので、気軽に買えるようになりましたけど。フィンランドの食事もすべてまずいわけではなく、乳製品やアイスはとてもおいしいですよ。コーヒーはフィンランドでは消費量が世界一!コーヒー好きのお父さんは毎日飲んでいます。

 

そんなこんなで、フィンランドの生活を満喫しています♪

f:id:umenomi-gakuen:20170221154515j:plain

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ