読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

引っ越しの経験は?

おしゃべりカフェ(家庭・地域) おしゃべりカフェ(家庭・地域:家庭生活)

こんにちは!正章(36歳・メーカー勤務)です。

今週のおしゃべりカフェは「引っ越し」です。

人生において引っ越しは外せないですね。親の都合や大学等の進学、就職、結婚…と、いろいろなライフスタイルを理由に引っ越しする人は必ず誰かはいます。

今日は引っ越しを経験した3人のメンバーたちとおしゃべりしたいと思います。

メンバーはぼく・正章、パプリカくん(アメリカンショートヘアー・♂5歳)、中江さん(40歳・IT関連会社経営)です。

 

正章「今日の「梅の実弁当」です。献立はご飯(梅干しつき)、ハンバーグ(デミグラスソース、キャベツのせん切りつき)、長ねぎとベーコンの炒め物、白菜のごまあえ、漬物(たくあん)、果物(オレンジ)です。では、いただきます。」

3人「いただきます。」

正章「うまい!ソースたっぷりのハンバーグがご飯に合いますね。」

パプリカ「実は客として1度買いましたが、やっぱりうまいですね。ひとり暮らしにはありがたいです。」

中江「私も一人暮らしですので、野菜たっぷりの弁当はいいですね。」

 

~お弁当を食べ終わったところで、本題です~

正章「今日はコーヒーを飲みながらおしゃべりしたいと思います。中江さんはブラック、あとの2人は砂糖・ミルク入りです。コーヒーはドリップタイプのものです。今日のテーマは「引っ越し」ですが、この3人は引っ越しの経験者です。まずはパプリカくんの引っ越し事情を教えてください。」

パプリカ「はい。ぼくは1回だけです。現在の大学に進学するためです。実家は宮城で、高校まで実家で過ごしました。今は大学近くの学生マンションでひとり暮らしをしています。」

正章「学生か~。懐かし~な~。宮城は震災があったけど、実家は大丈夫だったの?」

パプリカ「うちの実家は大丈夫でした。周りは家が崩れた方も多かったですが、徐々に復興していってますね。本当の復興はまだまだ先ですが。」

中江「震災は東京でもひどかったからね~。家が崩れるなどの被害はなかったものの、鉄道が動かなくて、帰宅難民の方もいましたし。」

正章「こないだは「阪神・淡路大震災」から21年がたちましたからね。阪神・淡路大震災も本格的な復興は10年かかりましたからね。「東日本大震災」から10年はまだまだだけど、いずれは復興してほしいですね。ところで、パプリカくんは大学では何を専攻しているの?」

パプリカ「医学部です。将来は医者として、災害で被害にあった方を助けることが夢です。」

中江「いいね!大変だけどがんばってね!」

パプリカ「ありがとうございますm(__)m 次は正章さんお願いします。」

正章「ぼくですが、引っ越しは3回です。実家は福岡で、高校までは福岡で過ごしました。1回目の引っ越しが大学進学です。大学は神奈川の公立大学の工学部に進学しました。そこで今の嫁(美恵子・36歳・主婦)と知り合い、大学4年のときに最初の子どもを妊娠したため、そのまま学生結婚となりましたが、最初の子どもは流産でした。2年後に長男(雄太郎・小6)を出産し、長女(舞華・小3)、次男(大輔・4歳)と続けて出産しました。」

パプリカ「学生結婚って、親は反対しましたか?」

正章「最初は両方の親も反対しましたね。ともに学生でしたし、でき婚でしたからね。家族のためにも就職活動を必死にしましたよ~。それで現在の会社に就職をして、両方の親も許してくれました。2回目の引っ越しが就職で、夫婦で会社近くの社宅に引っ越しをしました。社宅は居住期限があるので、期限が来たら社宅を退去しないといけないんです。長男が幼稚園に入る前に今の家に引っ越しをしたのが3回目の引っ越しです。持ち家なので、住宅ローンの返済で必死です(ワラ)。でも家族のために大きな決断をしましたね。」

中江「子どもを持つ世帯となると大変だよね~。私自身は独身なので、まだそこまではないですしね。」

正章「中江さんは引っ越しの経験はありますか?」

中江「私は4回ですね。」

パプリカ「マジですか?」

中江「マジです。最初の引っ越しが大学生のときです。実家は東京ですが、子どもの頃から一人暮らしがしたかったんです。実家近くのマンションに住みました。ワンルームで風呂・トイレはありますが、料理はしないので、ご飯だけを食べに実家に戻るくらいですね(ワラ)。2度目の引っ越しが前の会社の就職から2年目のときです。大学生のときよりは住居環境はいいですね。まだ生活の余裕がなかったので、安い家賃のマンションでしたね。自炊も2回目の引っ越しのときからしました。3度目の引っ越しのときが今の会社を立ち上げたとき。今のように社屋がなかったときでした。会社を立ち上げてからはまだ軌道に乗っていないですし、プライベートと事務所の両方の利用を希望していたので、2度目よりも広い敷地のマンションに引っ越ししました。そして4度目が会社が軌道に乗り、今の社屋に移転した時です。プライベートとして住む環境がほしいために、3度目までよりもさらに広くて、さらに家賃の高い(ワラ)マンションに引っ越しをしました。」

正章「すごいですね!やっぱり社長は違いますね。引っ越しもいろいろありますね。今日はありがとうございました!」

f:id:umenomi-gakuen:20151124173013j:plain

(左からパプリカ、正章、中江)

 

人生において、引っ越しは大事なイベントですね。

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ