読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅の実学園の仲間たち

梅の実学園のメンバー(生徒)たちの物語です。現在のメンバーたちは4800人(匹)!!みんなで作る学園です!!

砂糖のメリット・デメリット

プチログ(その他) プチログ(その他:生活・健康)

f:id:umenomi-gakuen:20150116165426j:plain

こんにちは。智恵子(30歳・栄養士)です。

今日は「砂糖の日」っていうことで、砂糖についてお送りしたいと思います。

 

砂糖は味を甘くするための調味料の一つ。

砂糖は一般的に使われている白砂糖(上白糖)、グラニュー糖、粉糖(粉砂糖)に、黒砂糖(黒糖)、三温糖、きび砂糖、ざらめ、氷砂糖、角砂糖…と、いろいろな種類があります。砂糖はさとうきびから作られます。

てんさいから作られるてんさい糖、羅漢果から作られるラカント、ガラクトオリゴ糖から作られるオリゴ糖、人工的に作られる人工甘味料など、さとうきび以外で作られる砂糖・甘味料もあります。はちみつ、メープルシロップも甘味料の一種でもあります。

一般的にお料理で使われるのが白砂糖、お菓子作りに使われるのがグラニュー糖、コーヒーや紅茶を甘くするために使われるのがスティックシュガーというグラニュー糖、角砂糖、人工甘味料がほとんど。料理やお菓子の味を活かして、黒砂糖やきび砂糖などを使ったり、ダイエットや糖尿病予防のためにラカントや人工甘味料を使ったりとさまざまです。氷砂糖は主に果実酒やシロップ作りに使われます。

 

さて、砂糖についてのメリットですが、糖分をとることで、神経の疲れを癒したり、炭水化物と同様、エネルギー源になります。甘いものをよく食べる女子は「甘いものは別腹」って言われるくらい、甘いものが好きな人たちが多いです。

反対にデメリットなんですが、糖分の主成分はぶどう糖なので、代謝を早くする作用があります。それによって、体重や体脂肪が増えたり、血糖値が高くなります。糖分をとることで体重や血糖値などが増えるだけでなく、低血糖症状を起こし、精神疾患を引き起こす作用があります。また、糖分は他の栄養素を奪い取る働きがあります。特に精製されている白砂糖などは体の栄養に必要なビタミンやミネラルを奪い取り、糖だけの代謝になってしまいます。

 

外食やテイクアウトで砂糖のない食品や飲食物をさがすことは極めて困難なので、砂糖のない生活にするにはおうちで実行する以外ありません。

1.毎日の食事は白砂糖を使わないこと。

精製されている白砂糖を使うのをやめて、砂糖を使わない料理にすること。どうしても糖分がないとダメって言う方は、ラカントを使用してください。ラカントは他の甘味料に比べて、血糖値を緩やかにする作用があります。オリゴ糖でもOKです。

ラカントS 顆粒 800g

ラカントS 顆粒 800g

 

お菓子やパンは市販のものを食べるのは避けて、自分で作りましょう。ただ、お菓子やパンは砂糖が必要になってきますので、白砂糖やグラニュー糖を使うのはやめて、ラカントやオリゴ糖で。砂糖の場合は比較的精製されていない黒砂糖やきび砂糖、三温糖で。ただし、ホームベーカリーで作るパンはラカントやオリゴ糖人工甘味料で作るとうまくいかない場合がありますので、その際はきび砂糖や三温糖で作ってください。お菓子にかける粉糖は使わないかビジュアル程度で。

コーヒーや紅茶、ココアなどに入れる砂糖は入れないようにしましょう。特に甘いお菓子をとる場合は要注意です。砂糖入りのコーヒーや紅茶は不必要な糖分をとってしまいます。飲む際はストレートやブラックで飲むか、ミルクやレモンだけを入れて飲んでください。ジュースは100%の果汁のみOKですが、砂糖の入った清涼飲料水はNGです。

ダイエット中の方や糖尿病(Ⅰ型・Ⅱ型)の方及びその疑いがある方は医師や管理栄養士にご相談ください。

2.精神疾患にかかっている方またはその疑いがある方は砂糖断ちをすること

うつ病などの精神疾患にかかっている方やその疑いがある方は、糖分をとることで低血糖症状が出てしまい、症状がひどくなることがあります。その際はお菓子やパン、飲料を含めた糖分のある食べ物は避けて下さい。できれば今日からずっとやってほしいのですが、どうしても無理な場合は1か月や3か月と期間を設定しておきましょう。一人でがんばるのではなく、家族の協力も必要です。

多くの精神科医は砂糖と精神疾患の因果関係を知らない人たちが多いですが、砂糖が精神疾患患者に悪栄養を及ぼしていると言っている精神科医もわずかながらいます。一部のクリニックでは砂糖の使用をやめて、サプリメント療法を行っている精神科医もいます。

精神科医の許可がなく、自ら砂糖断ちをすると、イライラや精神症状が軽減またはなくなった人たちもいます。いずれも栄養学に詳しい精神科医か管理栄養士にご相談ください。

 

砂糖のない生活をするのは非常に困難ですが、家族や自分の健康のために挑戦してみてください。

 

というわけで、智恵子でした。

 

*参考リンク*

砂糖は体に悪影響を与える(HAPPYエンジョイ・ライフ):http://happy-enjoy-life.com/archives/617

糖質制限ダイエットのメリット・デメリットを知れば”リバウンドの恐れなし!”(Diet Room):http://dietrooms.com/diet-tousituseigen-3040.html/

白砂糖と精神疾患(るいネット):http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=118895

白砂糖はとるな!!(melma!):http://melma.com/backnumber_193019_5494862/

白砂糖と精神疾患◆黒砂糖と白砂糖の主要栄養素の比較 (私たちは、よりよく人生を生きていくためには何をしたら良いのだろうか?(m5実践記録):http://ameblo.jp/ai-love-357/entry-10387629581.html

新宿溝口クリニックホームページ:http://www.shinjuku-clinic.jp/

精神疾患と食事 part1 病院食はこれでいいのか?(場末P科病院の精神科医のblog):http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn/archives/cat_831617.html

 

ランキングに参加しています。ぽちっと押してください!

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村

にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ


イラスト ブログランキングへ